自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

権利関係>代理 代理権を有しない者がした契約を本人が追認する場合、その契約の効力は別段の意思表示がない限り、契約の時にさかのぼってその効力を生ずる。追認した時からではない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>虚偽表示 売主A←通謀虚偽→買主B→第三者C→転得者D のように売買契約された場合、CとDのどちらも悪意の場合でなければAは虚偽表示の無効を対抗できない。CDは過失があっても善意であれば保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>詐欺・強迫 売主Aが買主Bと売買契約し、更にBが善意無過失のCに転売した場合、AB間の契約がBの詐欺であればAは取り消し不可。強迫であれば取り消し可能。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>強迫 売主Aが買主Bに強迫されて売買契約し、BがCに転売した場合、Cが善意無過失でもAは取り消すことができる。強迫された人は本人に落ち度がないので保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>詐欺 売主Aが買主Bに騙されて売買契約をしたが、Aが取り消す前にBが善意無過失のCに売却したらAは詐欺による取り消しができない。Aは騙されたという落ち度がある為、善意無過失のCは保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者 制限行為能力者が、行為能力者であると詐術を用いた時は、その行為を取り消すことができない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者>被保佐人 被保佐人は不動産を売却する場合は補佐人の同意が必要だが、日用品の購入は同意は必要ない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者>未成年 父母と意思疎通することができない乳児でも不動産は所有することはできる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者>未成年 未成年者は許された営業(例えば古着の仕入れ)に関しては成年者と同一の行為能力を有するが、許されていない行為(古着の仕入れ以外)は成年者と同一の行為能力を有しないので取り消し可能。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>債権譲渡 AのBに対する債権をCに譲渡した場合において、AはBに通知したが承諾しなかったとしても、CはBに債権譲渡を対抗することができる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>債権譲渡 AのBに対する債権に譲渡禁止の特約がなく、Cに譲渡された時点でまだ発生していない将来の取引に関する債権であっても債権譲渡は有効である。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>保証 連帯保証でない場合の保証人は、債権者から債務の履行を請求されても主たる債務者に催告すべき旨を債権者に請求できる。ただし、主たる債務者が破産手続開始の決定を受けた時、または行方不明の時はこの限りでない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>保証 保証契約は書面でしなければその効力を生じない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>連帯債務>相殺 BCDの3人が、Aに対して連帯債務を負っている場合で、BがAに対しての債権を相殺する場合、CDに対する連帯債務も相殺した金額分消滅する。相殺は他の債務者にも効果が及ぶ。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>連帯債務 BCDの3人が、Aに対して連帯債務を負っている場合で、AがBに対して履行の請求をしても、CDに履行の請求の効力は生じない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>債務不履行 AB間の利息付金銭消費貸借契約匂いて、利率に関する定めがない場合で、借主が債務不履行に陥ったことにより貸主が請求することができる遅延損害金は、年3%の利率により算出する。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>質権・抵当権 不動産質権は、目的物の引渡しが効力の発生要件であるのに対し、抵当権は、目的物の引渡しは効力の発生要件ではない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>質権・抵当権 不動産質権・抵当権は、登記を備えなければ第三者に対抗できない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>質権・抵当権 不動産質権は10年を超える存続期間を定めた時であっても、その期間は10年となる。抵当権は存続期間に関する制限はない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>抵当権 抵当不動産を買い受けた第三者が、抵当権者の請求に応じてその代価を抵当権者に弁済した時は、抵当権はその第三者の為に消滅する。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>抵当権 法定地上権とは、土地と建物が競売などにより別々の所有者になった際に、建物に付与される権利。建物の持ち主は、土地の所有権がなくとも土地を利用できる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>抵当権 AはBから金銭を借り入れて土地と建物を購入し、Bを抵当権者として土地と建物を設定した場合で、当該建物に火災保険が付されていた場合、建物が火災によって消失してしまったらBの抵当権は火災保険の保険金請求権に対しても行使できる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>物権>相隣関係 A所有の甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは他の土地を通行できるが、必要かつ他の土地の損害が最も少ないものを選ばなければならない。どこでも自由に通行できない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>物権>共有 各共有者はいつでも共有物の分割を請求することができるが、5年を超えない期間内であれば、分割しない旨の契約をすることができる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>物権>共有 共有者の一人が持分を放棄した時は、その持分は他の共有者に帰属する。AとBが共有で持っていて、Bが放棄したらそのものはAの持ち物になる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>時効 甲土地を時効により取得したBは、時効完成前にAから甲土地を購入して登記したCに対して時効による所有権の取得を主張することができる。AからCに売却してもBによる占有は継続されている為。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>時効 時効期間は、時効の基礎たる事実が開始された時を起算点としなければならず、時効援用者において時効完成の時期を早めたり遅らせたりすることはできない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>時効 後順位抵当権者は、先順位抵当権者の被担保債権の消滅時効を援用することはできない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>時効 20年間、平穏にかつ公然と他人が所有する土地を、”所有の意思を持って”占有したものは当該土地の所有権を取得する。所有の意思を持って占有する必要がある。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>停止条件 AB間で5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の建物をBに贈与する旨を書面で約した場合、Bが本件試験に合格したときは、合格した時点で甲建物の所有権を取得する。停止条件付きの契約は、契約時にさかのぼってではない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>代理 Aの代理権が無いのに代理権があると称するBがCと売買契約した場合において、AB間に何らかの関係があったと客観的に推測され、Cが善意無過失であれば表見代理が成立し、効果はAに帰属する。契約は有効。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>代理 A所有の土地を代理権が与えられてないBがCと売買契約をし、Aの死亡によりBが相続した場合、Bは自らの無権代理行為の追認を拒絶できない。無権代理で行った行為を相続した場合は、本人が自らその行為をしたとみなされる為。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>代理 委任による代理人は、本人の承諾を得た時のほか、やむを得ない事由がある時も服代理人を選任できる。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>代理 代理権を有しない者がした契約を本人が追認する場合、その契約の効力は別段の意思表示がない限り、契約の時にさかのぼってその効力を生ずる。追認した時からではない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>虚偽表示 売主A←通謀虚偽→買主B→第三者C→転得者D のように売買契約された場合、CとDのどちらも悪意の場合でなければAは虚偽表示の無効を対抗できない。CDは過失があっても善意であれば保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>詐欺・強迫 売主Aが買主Bと売買契約し、更にBが善意無過失のCに転売した場合、AB間の契約がBの詐欺であればAは取り消し不可。強迫であれば取り消し可能。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>強迫 売主Aが買主Bに強迫されて売買契約し、BがCに転売した場合、Cが善意無過失でもAは取り消すことができる。強迫された人は本人に落ち度がないので保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>意思表示>詐欺 売主Aが買主Bに騙されて売買契約をしたが、Aが取り消す前にBが善意無過失のCに売却したらAは詐欺による取り消しができない。Aは騙されたという落ち度がある為、善意無過失のCは保護される。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者 制限行為能力者が、行為能力者であると詐術を用いた時は、その行為を取り消すことができない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

メニューを開く

権利関係>制限行為能力者>被保佐人 被保佐人は不動産を売却する場合は補佐人の同意が必要だが、日用品の購入は同意は必要ない。 #宅建100h_権利関係

宅建100h @takken100h

もっと見る

人気ツイート

よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ