お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

マーベル展で原画を見てきたが、モノクロの分、色彩の情報量がコミックとは異なり、より線のアクチュアリーが鮮明になっていて感心した。技術的な側面が際立つので、リック・バックラーとかは印象が変わったな。

お世辞にもスマートとは言えません。 お誘いに対し、今はそれをお断りするのに、適当な嘘が思いつかないので、 すごく悩みましたが、本当のことをお伝えしました。 今は、人に会うのを少し怖く感じていること、音や色彩の情報が多すぎると疲れてしまうこと、そういうことが回復?したら

モノクロは凄く好き。色彩の情報量で見てる人には申し訳ないけどそれを補って見るのが何よりも好き。写真も。奥行きとか雰囲気がカラーよりも感じられる。描きたいモチーフになると尚更。自分が感じ取った雰囲気を描かなきゃいけないからそれが容易に出来るって技術伴ってないのにグダグダすみません。

部屋、色彩の情報がなさすぎて気ぃ狂いそう。とりあえず大谷バスタオルでも飾ろうかな‥カーテンはやっぱ柄のやつを買うべきやったな、、、フフッ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み

色彩の情報の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

話題なう(0:32時点)

この検索結果をシェア