人気ポスト

実家に行って古文書を漁った理由は色々あるんだけど、その一つがこれを見ること。 桜の押し花なんだけど、たぶん幕末くらいのらしい。 取ったらお手討ちになるような場所から取ったらしいのは聞いてる。 「車止の桜」は私でも読めるんですが、右上、なんて書いてあるか教えてくださいまし🙂‍↕️ pic.twitter.com/vo9DN7I4QU

メニューを開く

じょーもん@5/19文フリ東京38て-17・18@jomon619

みんなのコメント

メニューを開く

配謁所 天王 車止の桜 おそらく天皇の拝謁所前にあった桜。左近の桜か。 ↑とのことです。 学芸員の先生に見てもらいました。

鈴木田@aikyousinbun

メニューを開く

⬜︎⬜︎⬜︎春では。⬜︎はなんだろう

TweetyHirohide@TweetyHirohide

メニューを開く

熊本に肥後桜と呼ばれる桜があり、その中に「くるまどめ」というものがあります。肥後藩は武士が花の栽培や品種改良を行っており、武家の嗜みでした。肥後花は門外不出とされていましたので、盗むことは御法度だったと思います! 他にも情報あれば教えて欲しいです! pic.twitter.com/4tgzMFYFsI

鈴木田@aikyousinbun

メニューを開く

身バレするのもアレなので、ぼかしますが、うちの先祖は1717年から廃藩置県まで長野県の飯山市にいました。 勝手にその周辺の桜だと思っていたのですが、もしかしたら違うのでしょうか……

じょーもん@5/19文フリ東京38て-17・18@jomon619

メニューを開く

初めまして。 文字だけを見ると「醐醍胡天王」と見えます。後醍醐天皇と直接書くことを避けた表現があったのか、まだ識字率が高くなかった時代で表記が統一されていなかったのか、はたまた別人なのかなど想像が広がりました。紙を見ても大事にされてきたことが伝わってきます。

メニューを開く

わたしも「醐醍胡天王/車止の桜」で良いのではないかと思います。「後醍醐」と表記するのが一般的ですがこだわりがあったのかもしれないですね。調べてみると、住吉大社にまさにこの名称のものがあります。 pic.twitter.com/HM9L7cdPNJ

鴨川 hiram@trix@grtsuyoshi

メニューを開く

きれいに標本化していますね。桜の花の方は垂れ系のようですが、夏にある大阪市立自然史博物館の同定会に持っていくと、専門家が種類を同定してくださいますよ。予約不要です。 保存の方法も教えて貰えますので、そちらは早めに電話で問い合わせて教わる方がいいと思います。

青海文庫館長@seikai_bunko

メニューを開く

もしかしたら、肥後熊本藩の江戸屋敷から取ったものかも…と思います!面白い品を見せていただきました! この写真を学芸員の先生に見せて回答をお送りいたします!

鈴木田@aikyousinbun

メニューを開く

「醐醍胡天王」とありますが、後醍醐天皇のことでしょうね。 この桜ではないかと思います。 sumiyoshimeishohozonkai.com/scenic-spot/ch…

滝口正哉@senshatomikuji

メニューを開く

「○醍醐天皇」とか…どうでしょう。○は願、配あたりかな?と。けっこう無理してる読み方なのですが「取ったら手討ちになる」というので可能性としてあるかなと思い。

道民の人@5/19 文フリ→5/26 COMITIA148@North_ern2

ほかの人気ポスト

もっと見る
Yahoo!リアルタイム検索アプリ