お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

洪水対策に利水ダム活用 豪雨前の放流難しく:日本経済新聞 事前放流の前段階の「予備放流」によって降雨103ミリ分の容量を確保 実際約420ミリと想定を大きく上回った 4日午前11時ごろにほぼ満水状態 放水量の調節が追いつかず緊急放流の開始判断まで残り約10センチに迫った nikkei.com/article/DGKKZO…

Twitter自然大好き@SWH@船橋@mejiri

返信 リツイート 7:19

「 4日午前11時ごろにほぼ満水状態になり、放水量の調節が追いつかずに流入量と同量を放流する「緊急放流」の開始判断まで一時、残り約10センチに迫った。 」

Twitter俺はペンギンをやめたぞジョジョーっ!@namaurako

返信 リツイート 2:04

>3階床まで階段あと4、5段と水が迫った時、上流の市房ダムの緊急放流のニュースが流れた。〜中略〜  緊急放流が取りやめとなり、家族は全員助かった。 緊急放流取りやめたということはダムの洪水調節機能が働いたというですね。ダム無いと3階まで水没してましたね。ダム作っておいて良かったですね。

続> 「緊急放流」ってダムが流量を減らせなくなって水の流れがそのまま下流に行く状態で、「ダムがない状態」と同じになるだけなんだけどね。

「(川辺川ダムがあれば)犠牲を防げた可能性が高い」と書かれているのに、「もっと雨が降っタラー」「緊急放流ガー」とかダムが危険と無理に結論づけようという頭の悪い記事。 ◆【HBO!】熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか? hbol.jp/224965

返信先:@nikkei ダムの運用は難しいですよね。。。発電や農業用水だと水利権あるし。水系全体を機動的に管理できたらいいのでしょうが。緊急放流しやすくする改造は、各地のダムで是非進めてほしいです

返信先:@89314honda 一級河川109水系のうち、整備計画が未策定なのは球磨川だけでした 川辺川ダム建設中断、代案は未策定・未着工という状況で豪雨襲来。 時間と予算的に、ダムは暫定策として有効。 ダムの緊急放流自身が災害を助長することもあるので、ダム完成後に恒久策に着手すればいい twitter.com/ken_ichi_se/st…

4600㌧の「一部が不良品」で交換して基準内の部材を用いて完成させたなら住友の責任じゃないだろ どうせ計算が間違ってたんでしょ? どうでもいいけどさ ちゃんとした専門用語使ってくれないと分からないんだけど(怒) 緊急放流とかさ平常水位とか⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

わたしのちんちんも緊急放流するか

Twitter鉄道界隈迷言bot bot bot bot bot@unkohachinakii

返信 リツイート 昨日 23:00

おしっこの緊急放流が急がれます

Twitterきびにゃん(羽生蛇村帰省中)@H657_07406

返信 リツイート 昨日 18:28

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

緊急放流の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(11:22時点)

この検索結果をシェア