お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

突然、宙が光った。異様に光った。その瞬間、寒気立つような不吉な予感に圧されて、あっ、と叫ぶと、セキは如露を投げ出して有紀子たちのそばへ走ろうとしたが、それよりも早く、地鳴りとも地響きともつかぬ震動と轟音、それにつむじ風のようなものに遮られて、→

言語道断。 / 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議 (毎日新聞) #NewsPicks mainichi.jp/articles/20200…

後半ですー。【聴き逃し】ラジオ深夜便 | 8月6日(木)午前0:10放送 | 水曜日放送分を聴く | ラジオ深夜便▽ミッドナイトトーク 後半 NHKラジオ らじる★らじる nhk.jp/radio/?p=0324_…

昨日のラジオ、こちらで聴けますー。【聴き逃し】ラジオ深夜便 | 8月5日(水)午後11:05放送 | 水曜日放送分を聴く | ラジオ深夜便▽ミッドナイトトーク 前半 NHKラジオ らじる★らじる nhk.jp/radio/?p=0324_…

RT @satanui11: 平野啓一郎『「カッコいい」とは何か』、久々に続きを読んだ。6章がスゴくいいな…、アトランティック・クロッシング!ね。物語として知識として整理されましたってより、彼自身が本当にこれが好きなんだ!という筆圧を感じます。それに、こっちも感応して、盛り上が…

RT @tomorocx: 平野啓一郎「ある男」読了。 シンプルに面白かった。個人的にはマチネよりこっちの方が好き。 P264「カテゴリーに人間を回収する発想が嫌い」そうだよなぁ。自分も10代の頃そう強く思ってたはずなのに、大人になって忘れてしまってた。反省。 https://…

RT @ni_no_ko: いま一番こころを動かされる題材を扱ってて、ずっと泣きながら読んでる。 『じゅうぶん生きた』という人に別の本心はあるのかな。話を聴いてなお安楽死の選択に反対するのかな、納得するのかな。 平野啓一郎 新連載「本心」新聞連載中! #平野啓一郎 #本心

RT @HaruTsukimiya: 散々いろいろな所でお話しているけれど、平野啓一郎さんの【分人】という考え方には本当に救われたところがあって。 個人としての葛藤に悩み苦しんでいたところに、それを更に細分化した分人という単位での自己の見つめ方を知ることができたのは、今後生き…

RT @oohatasan: 平野啓一郎「マチネの終わりに」読了。 映画も観たけれど省かれたエピソードがまた深くて、 小説の方が泣いた。 こんなこと赦してはいけないと怒りまで覚えてしまう。 コミュニケーションツールがこんなに進化してるのにひとつの掛け違いですれ違うふたりが切な…

RT @matinee0409: 【翻訳紹介!】 6月1日刊行予定の平野啓一郎『#ある男』の英訳 “A MAN” が、あのNew York Times のコラム “Globetrotting” にて紹介されています!2020年に出版される翻訳文学ガイドです。 ☞ https:…

RT @kotakukaichi123: 平野啓一郎氏の「ある男」読了。「マチネの終わりに」を読んだ時から過去は変えられるということがずっと心に残ってて、そんなことを期待しながら読んでしまった。ラストの少年と母親の場面が良かった。強い子だなぁと。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

ID:hiranokの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(20:25時点)

この検索結果をシェア