お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

夜になると、住宅のいびつな形やすべてのものを染めている黒っぽさが目だたなくなるので、不気味な偉容を見せはじめる。ときおり、大気中に漂う煙も硫黄のためにバラ色に見えるし、丸のこぎりの歯のようなぎざぎざした炎が鋳造工場の煙突の集風器の下からふきだしている。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート1 12:00

ウィガンディーの質問箱です 最近回答した質問 → 「モンスターストライクの運極ってどのくらいいるんですか?」 peing.net/ja/wigan1025?p…

Twitterウィガンディー@5th1日目参戦予定@wigan1025

返信 リツイート 20:17

[ウィガン波止場と対決したいの? そう。まぁ、いいけど。[ウィガン波止場と戦って、得るものがあるんでしょうかね

Twitter帰ってきた松尾千鶴bot@ChizuruBot

返信 リツイート 20:15

ボタ山はよく発火する。そして、夜になるとあちこちとくねりながら進んでいく赤い天の川や、ゆっくりと動いていく硫黄の青い火を見ることができる。それは、消えてしまいそうになりながらも、またふたたび火の手をあげるのがつねだった。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート 20:01

貧困層に肥満がいる理由的なやつです 。> “失業している時には味気ない健康食品など食べたくない。何かちょっと美味しいものを食べたい。何かしら安上がりな美味が誘惑してくるのだ” 『ウィガン波止場への道』

私の関心は、社会主義がもっとも勢力をしなければならないところで、実際には地盤を失いつつあるという事実にある。有利な状態——空腹をかかえていることは、社会主義に有利な論拠となる——におかれながら、社会主義の"理念"は10年前よりも浸透していない。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート 17:00

機械化の過程そのものがひとつの機械——私たちをぐるぐるふり回す巨大な輝ける乗り物——となってしまった。われわれがいったいどこに連れていかれるのか定かではないが、おそらく行くつく先は、あのキンキラキンのウェルズの世界と壜のなかの脳ミソなのだろう。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート 13:00

夜になると、住宅のいびつな形やすべてのものを染めている黒っぽさが目だたなくなるので、不気味な偉容を見せはじめる。ときおり、大気中に漂う煙も硫黄のためにバラ色に見えるし、丸のこぎりの歯のようなぎざぎざした炎が鋳造工場の煙突の集風器の下からふきだしている。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート1 12:00

これが感傷家の避けがたい運命だ。彼のすべての意見は現実のひと掃きで反対のものへと転化していく。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート1 11:00

私が気がついたところでは、下宿屋をやっている者はほとんど例外なく宿人を憎んでいる。下宿屋は下宿人の金は欲しいのだが、下宿人を侵入者と見なし、異様なまでに監視の目を光らせて警戒している。この態度の裏にあるものは、下宿人に居心ちよくさせまいとする決意である。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート 昨日 23:01

炭鉱夫の一日の労働がたんに七時間だと考えるのはまったく間違っている。七時間というのは実際の仕事に就いている時間である。私がすでに説明したように、これは一時間以内で終わるどころか、ときには三時間にもおよぶ「行き来」のための時間が追加されてしかるべきだ。 [ウィガン波止場への道]

Twitterジョージ・オーウェルBot@EricBlairBot

返信 リツイート 昨日 20:01

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

ウィガンの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(23:45時点)

この検索結果をシェア