お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

サイコパスの研究として『消された一家 北九州連続監禁殺人事件』を読んでいるけど、主犯の頭がバグりすぎてて意味がわからない。死刑判決を言い渡された時、薄笑いを浮かべて拳を突き上げて弁護人に「先生!控訴審やりましょう!」と叫ぶなど。

サイコパスの研究として『消された一家 北九州連続監禁殺人事件』を読んでいるけど、主犯の頭がバグりすぎてて意味がわからない。死刑判決を言い渡された時、薄笑いを浮かべて拳を突き上げて弁護人に「先生!控訴審やりましょう!」と叫ぶなど。

オカルトマニアの間では超有名な北九州連続監禁殺人事件とかいう空前のサイコパス事件の本が届きました pic.twitter.com/7JjA1S18J8

張江泰之氏の「人殺しの息子と呼ばれて」を読了。北九州連続監禁殺人事件と云う稀代の殺人者と呼ばれる両親のもとに生まれ、学校にも通わせてもらえず、ことあるごとに通電などの虐待を受けてきた長男が、24歳の青年として赤裸々に語る当時の情景、そしていま。

北九州連続監禁殺人事件を映画化するなら松永太役は絶対に中山秀征にやってもらいたい。 pic.twitter.com/ftJ62FcUby

蹲踞、ポーズとしてはドスケベだと思うけど、この文字列を見る度に北九州連続監禁殺人事件のルポ思い出してげんなりする

私の敬愛する小鳥こたおさんの本棚に『消された一家 北九州連続監禁殺人事件』の背表紙が燦然と輝く。 東京藝術大学に通いながら偶像活動を活潑に行う背景には人間の思考構造を分解し独自解釈する目的があるのではないだろうか。 崇高なる婆羅門。 美しき精神世界。 twitter.com/mimiyooo/statu…

日本帰った時に尼崎連続変死事件の『家族食い』と北九州連続監禁殺人事件の『消された一家』を読んだけど、どっちも地方都市独特の環境とそこに育った人の考え方が印象的だったな。なんとなく吉田修一の作品の雰囲気が思い出された。

RT @parake2t: 北九州連続監禁殺人事件の犯人、松永太が中学の時同級生だった父が「(松永は)確かに周りにいつも人がいる感じだった。俺はなんか嫌いだったから近寄らなかったけど」と言ってて野生の勘を目の当たりにしている。

Twitter🍤結城入守にゃん『●~*●~*●~*』🍤@pram30pp

返信 リツイート 11/5(月) 18:43

私にはそこまでの残虐性はないけど、北九州連続監禁殺人事件の犯人みたく人間操れたら楽しそうだなとは思うよね

ナイス 【殺し合う家族 (徳間文庫)/新堂 冬樹】北九州連続監禁殺人事件をモチーフにした物語。粗筋だけで興味を唆られ手にした本書でしたが、早々から吐き気をもよおすような嫌悪感と、どうみても胡散臭… → bookmeter.com/reviews/761851… #bookmeter

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

北九州連続監禁殺人事件の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(8:39時点)

この検索結果をシェア