お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

千姫は夫と2度の死別(秀頼 本多忠刻) 珠姫は早世(但し前田利常との間に子沢山) 勝姫は夫松平忠直の乱心で離別 初姫は夫婦仲は知らないが京極忠高との間に子はなし 和姫は後水尾天皇の中宮に皇女は後に明正天皇に 但し皇子は早世し秀忠の血は皇室に残らず(江の浅井の血は今上陛下にも続く) #葵徳川三代

千姫は夫と2度の死別(秀頼 本多忠刻) 珠姫は早世(但し前田利常との間に子沢山) 勝姫は夫松平忠直の乱心で離別 初姫は夫婦仲は知らないが京極忠高との間に子はなし 和姫は後水尾天皇の中宮に皇女は後に明正天皇に 但し皇子は早世し秀忠の血は皇室に残らず(江の浅井の血は今上陛下にも続く) #葵徳川三代

福井県立美術館「岩佐又兵衛展」初公開作品が2点ありました。 荒木村重の子 又兵衛を越前に招いたのは結城秀康の長男 松平忠直 。越前時代の狂気をはらんだ表現は、パトロン忠直の鬱屈した思いも反映されているという解釈も。 pic.twitter.com/KC6pvK7wRD

返信先:@garupankuro21 あー、そっちもか、松平忠直に嫁いだ系統って意味で織田の血が入ったって意味で、その意味じゃ前田もそーか? あっちは途中で断絶か

Twitter沼田@三十路になっても駆け抜けるモード@lyricaltsumugi

返信 リツイート 昨日 1:08

新潟県上越市の墓地より 越前松平一門 永見長頼の墓。 松平忠直の庶子であり、異母兄である越後高田藩主 松平光長を補佐した。 1667年死去。 妻と長女の五輪塔もあり #上越市 #善行寺 #越前松平家 pic.twitter.com/b0B0HgwiXo

新潟県上越市の墓地より 越前松平家臣 野本右近高正の墓。 松平忠直に仕えた1400石の武士。 大坂の陣で御宿勘兵衛を討ち取ったという #上越市 #太岩寺 #越前松平家 pic.twitter.com/dLA0qk3ukv

大分銘菓であるのに葵の御門が気になった。 松平忠直(徳川家康の孫)が豊付に島流しになる。その後仏門に入り、その地で茶道に身を鎮める。茶の湯の際のお菓子の名前に自身の名をつけ一伯とした模様。 ちなみに、松平忠直は大阪夏の陣で真田幸村を討ち取った人物(…なのに) 色々あるよね。 pic.twitter.com/oXKIg148yd

RT @Pitpi4: @Rabbit5622 豊臣 秀吉の死後 大坂夏の陣で真田 幸村は 徳川 家康の本陣をめがけて決死の突撃をするが あと一歩の所で家康を取り逃がす。 幸村は ここの『安居神社』で休息してる所を 松平 忠直(父・結城 秀康)に討ち取られる。 ⬇️⬇️⬇️…

水落宿場跡。 15世期末に近くの神明社周辺に市が立ち馬借が活躍して町場が形成され、江戸時代に松平忠直による開発が行われ、北陸道の宿場として賑わった。 pic.twitter.com/lw2srmhaEM

九条忠象(後に道房)の妻は松平忠直と勝姫の娘になるのか #葵徳川三代

九条康道はのちに松平忠直と勝姫の娘と結婚するんですよね(^^) #葵徳川三代

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

松平忠直の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(21:32時点)

この検索結果をシェア