お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

中央→外側の汰木へ。汰木は右利きの為、1stタッチがほぼ後ろ向きでした。さらに位置取りも効果的とはいえず、名古屋はSBを縦スライドさせずにSH前田が素早く戻ることで対応できていました。それにより図で表した本来狙いたいスペースを突けることもできず汰木のところで停滞感を生んでいました。 pic.twitter.com/DUvrKXj2ck

画像・動画を閉じる

画像・動画を常に展開するオンオフ

その利用できるスペースは主にデンが汰木へサイドチェンジしたり縦パス送ったりしていました。図は青木がそのスペースへ流れて受けた時を示しています。パスが繋がったが③のパスで丸山がカット。そしてシャビエルへ。そうです。これは4点目が生まれたキッカケとなる図でもあります。 pic.twitter.com/UYT00paRPR

ベンチとピッチ内の選手の判断の基準を狂わせるほど困らせる状況を作った成瀬と前田の位置取り。それ以前にも3度内側のライン間まで斜め2本のパスで通ってしまっているので、汰木があの距離で寄せてしまうと同様なことが起きていたはずなので私は我慢して待った汰木をそのシーンでは評価したいです。

12分30秒頃に、赤枠辺りで中谷が持った時にベンチから「康也いけ」と言われましたが、汰木は出れませんでした。そして汰木が「大槻さんあそこはいけないよ。羽生さん、レオに言ってくれ」と相談。個人的には汰木の行かない選択が正しかったと思います(続く)。

中央→外側の汰木へ。汰木は右利きの為、1stタッチがほぼ後ろ向きでした。さらに位置取りも効果的とはいえず、名古屋はSBを縦スライドさせずにSH前田が素早く戻ることで対応できていました。それにより図で表した本来狙いたいスペースを突けることもできず汰木のところで停滞感を生んでいました。 pic.twitter.com/DUvrKXj2ck

武藤レオ 汰木柴戸エヴェ武田 荻岩波デン橋岡 西川 次はこれぐらいにして欲しい

汰木のドリブル能力 レオの得点能力は見ててワクワクするしこれからも頑張って欲しいなあ🥺 レオが頑張ってボール残したのに誰も上がってこないしこれじゃ嫌になって出て言っちゃうよ🥺

Twitterウ・ルシチュー@gdtonikenohito8

返信 リツイート 0:44

他会場の途中経過表示された時のコレにはビックリしたよね😂 浦和どうしたぁ😯😯 橋岡王子どうしたぁ😯😯 汰木くん逆転弾連発するしか! って思いました😂 今日 私の推しちゃん 揃ってたから 勝って欲しかったな😖 #浦和レッズ pic.twitter.com/8idiT1vLqk

Twitterありさ/アスリートフードプランナー@soccer_am0123

返信 リツイート 0:38

ウイングの選手が再び前に走る前田に出す、前田は反転してペナ外ギリギリの位置でファールで倒され、名古屋FK ウイングを汰木と山中の2人がカバーしていたため、ライン間にいた前田が楽々とボールを引き出しました。汰木が対応にいくのですが、今度は空いたウイングを使われました。揺さぶられる…

Twitterdai@結果にコミットしたピーマン@daixmra10

返信 リツイート 0:28

27分は難題を突き付けられましたね 名古屋前線4人に対して、浦和は最終ライン4人+汰木。名古屋の右ワイドの位置に1人いたので汰木と山中が見るのですが、前田が汰木の隣あたりに落ちてきてボールを引き出す、ウイングのカバーをしていた汰木は対応が遅れる。前田はウイングへ出し前にフリーラン→

Twitterdai@結果にコミットしたピーマン@daixmra10

返信 リツイート 0:28

まず名古屋のビルドアップの狙いは浦和の2FW脇を起点にすることと、位置的優位を確保して汰木に二択を突き付けて前進を試みていたことです。詳細は図の中身を見て頂ければなと。特に成瀬の位置取りは相当効いていて、浦和に的を絞らせない論理的な前進を行っていました。 pic.twitter.com/FT28jvOHQK

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

汰木の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

汰木と一緒につぶやかれているワード

トレンド(6:06時点)

この検索結果をシェア