お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

【水の江】丹波國。京都府与謝郡伊根町本庄浜の浦嶋神社が鎮座してゐる邊り。浦嶋子は佛敎の説法と結びついて現在の浦嶋太郎物語の主人公になつた。

RT『伽婢子』と言えば例の異郷譚(『古事記』+『住之江の浦嶋子』+『桃花源記『北條記』パロ)のあれなんですが(発作)、坂見岡くんは今回置いといて、近世の人たちにとって氏康は名君キャラで好かれてたんだねと思う。

#吉野川流域 #大豊町 #手箱山・浦嶋伝説 大豊町には丹波国風土記の浦嶋子と関わりの深い八木氏の形跡がありますが黒豆といえば丹波黒豆が知られる。 このあたり大豊町の「不老不死の黒豆」と丹波の黒豆との関連性が気になりますねぇ。 黒豆のルーツを探ると、何か見えて来そう。

Twitterしろくま君古紙回収事業部@kochishigyo1

返信 リツイート 10/14(日) 10:41

blog.livedoor.jp/nakinishimoara…素戔嗚は牛頭天皇だけど、東から西へ行く星を南北の線で切ったという意味では馬子天皇ですね で、馬は蛇です。 ウマシマジは浦嶋子、浦(ula=蛇)で蛇 馬子=「宇摩志」=うまし・味し=Aji=ula・ularタミル語、インドネシア語の蛇 素戔嗚はやはり午子=馬子=蛇のようです。

blog.livedoor.jp/nakinishimoara…山幸彦と海幸彦」は、「火遠理命と火照命」で、「ほおりとほでり」。 「織と照」が入れ替わった話や。 なんでこの物語の話をするかっていうと、 「ウマシマジ」は、「ウマシマコ」。 「浦嶋子」「浦島太郎」で、 「山幸彦」のことやけんね。

#手箱山・浦島伝説 #高知県 丹後国風土記で知られる浦島太郎こと「浦嶋子」。 別名「筒川大明神」。この「ツツ」と関連性があると考えられる 「ヤウツツヒコ(天之八現津彦)」。 系譜上は積羽八重事代主の子で物忌奈命の兄弟となっている。 しかし三輪家高宮系図では、この二人に同一性あり(続 pic.twitter.com/7X2kE5n2HC

Twitterしろくま君古紙回収事業部@kochishigyo1

返信 リツイート 10/9(火) 21:35

#手箱山・浦島伝説 #高知県 #日高村 日高村の小村神社。一説に「高岳首と祖を同じくとする日下氏が創建した」と言われているのですが、高岳首は和泉国の物部系豪族と言われています。このあたりは浦嶋子を祀る浦島神社と共通している話です。(続)

Twitterしろくま君古紙回収事業部@kochishigyo1

返信 リツイート 10/4(木) 23:40

RT @dokutorugama77: 日本書紀だと浦嶋子は蓬莱山(とこよのくに)に行ったみたい。 とこよのくにって地中の中にあるって三浦先生とこうの史代先生が言ってたよな…。 pic.twitter.com/uCYGp3YWKr

Twitterオヒ-ワン・ケノーヒ@dokutorugama77

返信 リツイート 9/30(日) 22:51

日本書紀だと浦嶋子は蓬莱山(とこよのくに)に行ったみたい。 とこよのくにって地中の中にあるって三浦先生とこうの史代先生が言ってたよな…。 pic.twitter.com/uCYGp3YWKr

幽斎さんの『天正日記』てやつに「玄蕃数多居城の地は北に水江網野の海見へ渡り、万葉集に浦嶋子が長歌のさまなつかしく、詞花集に和泉式部が男をうらみてと題せし哥は爰の山祇の社に籠りて詠なるよし兼房任国の記に見へたり→

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

浦嶋子の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(2:30時点)

この検索結果をシェア