お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

【注目プレスリリース】温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明 / 早稲田大学 research-er.jp/articles/view/…

Twitter日本の研究.comニュース@rjp_news

返信 リツイート17 15:41

熱膨張して死ね #ちくわ死ね

えー、まあ、熱膨張といえば、朝にだけ膨張するものがありますねえ(ダルビッシュ)

逆ペロブスカイト型結晶(Mn3AN、AはZnやGaやGeなど)が、冷やすと膨張するのは何故かという話。イオン同士を離した方がスピン間の相互作用が強まることを見出したのだそうです。 温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明 research-er.jp/articles/view/…

温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明 – 早稲田大学 waseda.jp/top/news/63708 「物性物理研究で困ったらペロブスカイト構造」 という文言はよく知られた話 だって、物性が多様すぎるんだもん。仕方ないよ!!

これってヤーン・テラー効果と何が違うの?教えて詳しい諸先輩方orz 温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明 – 早稲田大学 waseda.jp/top/news/63708

Twitterざきやまさん@Dr_Magnet_

返信 リツイート 18:23

熱膨張してるから上がるっていうのはめっちゃ頷けるんだけどなぁ…

返信先:@hi__focus リアが熱膨張していてローラ用になっていたんです。

熱膨張率って授業でやってなくない?

研究室の後輩が負の熱膨張物質で特許書いてたな。それはどちらかっていうと価数揺動系だったけど。

熱膨張する物質自体は身近に結構にある。例えば氷。氷が水になるとき体積が減るし。また、そのほかにも水晶の高温一部も負熱膨張する。それとペロブスカイト型の強誘電体も構造相転移するときに示す。これらはそれぞれ違う負熱膨張の機構で説明されて非常に面白い。でもこれらの物質は一部の温文字数

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

熱膨張の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(22:39時点)

この検索結果をシェア