お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

28日周期でやってくるといわれるターンオーバーは、肌のニキビなど傷ついた皮膚細胞を回復するために、細胞が生まれ変わっているから起こります✨

Twitter乾燥・不安定肌ニキビ革命@yuki_nikibi

返信 リツイート 12:14

[ 日焼け止め,下地について ] 紫外線散乱剤→活性酸素を発生させ、皮膚細胞を酸化させる。シミ,ニキビの炎症,しわ,たるみ,肌の老化を促進させる可能性。 紫外線吸収剤→エネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変え放出させ、皮膚細胞の浸透を防ぐ。

28日周期でやってくるといわれるターンオーバーは、肌のニキビなど傷ついた皮膚細胞を回復するために、細胞が生まれ変わっているから起こります✨

Twitter乾燥・不安定肌ニキビ革命@yuki_nikibi

返信 リツイート 12:14

[シワ・たるみに効果あり] ・サンダルウッド…皮脂分泌調整作用、エリモント作用(皮膚を柔らかく潤す作用) ・ネロリ…新陳代謝促進作用、収れん作用 ・フランキンセンス…収れん作用、皮膚細胞活性作用 ・ローズオットー…収れん作用、保湿作用

[乾燥肌の人にオススメのアロマオイル] 保湿のためには、皮脂を調整して皮膚細胞の働きを高めるアロマオイルが有効です。 ・サンダルウッド…皮脂分泌調整作用、エモリエント作用(皮膚を柔らかく潤す作用) ・キャロットシード…皮膚細胞活性作用 ・パルマローザ…皮膚細胞活性作用

【精油 紹介】 ミルラ ・エキゾチックな香り ・古代エジプトでも大活躍 ・キリスト誕生時、フランキンセンスと共に捧げられた香り ・悲しみや不幸で傷ついた心を癒してくれる ・精神を研ぎ澄ますので、瞑想によく使われる ・皮膚細胞を活性化させるため、傷跡やひび割れに作用

Twitterアロマセラピー bot@aromatherapy23

返信 リツイート 2:07

可視光線となったファラオの石像は各自の手札に合わせ我々の眼球から侵入し、その毛細血管から我々とまぐわいを交わす。風とのまぐわいは迷宮である皮膚細胞のロジスティクスがモノを言う。今まで思考だと思っていたそれは摩擦であり、熱であり、感覚であった。

Twitter「夢の『書」の夢』bot@bot64251454

返信 リツイート 1:45

[シミ・くすみでお悩みの方に] ・ネロリ…新陳代謝促進作用 ・キャロットシード…抗酸化作用、皮膚細胞活性作用 ・ゼラニウム…血行促進作用 ・ローズウッド…皮膚細胞活性作用ameblo.jp/menseggsug1200…

返信先:@GSR_evolution4 生活リズムがあっても2ヶ月の間に皮膚細胞も入れ替わってるはずですし、それでも治らないって事は何か原因あるんでしょうね お薬色々貰ったんで即座に治してみせます…!

返信先:@manamin_tokyo あながち間違ってないと思います。長期投与でリバウンドが起こるのは、消化云々ではなくネガティヴフィードバックが原因と考えられます。本来皮膚細胞はステロイドを産生してます。長期的に外部から補うことで、脳はステロイドが充足していると勘違いし、皮膚での産生を止めリバウンドが起こります。

私は自分を大事にできないので自身の身体のことも怠りがちなんだけど、1ヶ月放置した足の怪我を母に言われるがまま皮膚科に診せに行ったら、皮膚細胞が壊死してるらしい。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

皮膚細胞の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(15:43時点)

この検索結果をシェア