お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

恐怖を引き起こすものは、その事実についての私の不安なのです。 その事実がどういうものであり、 どういう作用を及ぼすかということについての私の不安なのです。 クリシュナムルティ

何年か前に買ったクリシュナムルティの本を読み返してみると、前読んだ時より少し深く意味が掴めてる感があってちょっと嬉しい。それでもまだ?な部分が多いが、そこがまたそそる。時の経過とともに味が出る感じが

クリシュナムルティの著作、定期的に読み返す。生きるということが肯定されて他に何もなくても充分だという気持ちになる。

原則や理想を持たないで生きるということは、あるがままの現実と刻々と直面して生きることである。あるがままのものに実際に直面すること―すなわち言葉や過去の連想や記憶を通さずに全的にそれに触れ、それにじかに接すること― が正直ということである。 <クリシュナムルティ

「自分のことは自分の力で発見し、 分かったことは、惜しまず皆さんにシェアしましょう。」と、 クリシュナムルティは言っています。 頭脳(知識))は、自身の心の在り処を再発見するために活用できます。 昔は覚えていたはずです。 大人社会を知るにつれ、子供の頃の純粋な心を忘れてしまいました。

TwitterSelf-counseling PART2@_BreakTrougH_

返信 リツイート 16:46

かっこいいおばあさんを見たためか「白い布を纏い断食して暮らす高齢の尼さんになって外国へ行き、マザーテレサとクリシュナムルティの中間みたいな雰囲気のおばあさんに会って髪に柑橘の精油を塗ってもらい、帰りに玄米と玉子の入ったおにぎりを頂く」という妙に神秘的な夢見た。おにぎりおいしかった

簡単に申しますれば、信経験というものを主とするものでなくして、信心の生活というものを主とするところの真実の教えというものに特別のものがあるのである、こういうことであります。 /クリシュナムルティ風にいうと、becomingではなく、beingとともにある教え。

テクノって楽しく踊れたら何でもアリなところが美しいね。言語とか意味とかっていう狭い世界を超えた問答無用の良さに惹かれるわ。クリシュナムルティの言葉とかF1にも同じものを感じるねんな。地球文明ってほんま笑けるわ。/AOKI takamasa

僕が個人的に親近感を寄せるスピリチュアリストは何人かいます。 例えばクリシュナムルティはこう言います。 「私の言葉に賛同しないでください」 今の市場に溢れる方々は、 自分の世界観に他人を入れ込もうとします。 その中で「上下関係」を作り優位性を保とうとするのです。

今持ってる本を全部処分したい気分 ピンと来ない かつて好きだったクリシュナムルティもそうだね…そう生きられない私は愚かだねとっとと世界から居なくなりますよ…とか考え出してしまう

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

クリシュナムルティの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(23:29時点)

この検索結果をシェア