お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

【本棚登録】『理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ』吉川 浩満 booklog.jp/item/1/4255008…

『「読まなくてもいい本」の読書案内』(橘玲)の進化論の章、同著の文庫版で推薦文を書いている吉川浩満の『理不尽な進化』よりもグールドに辛辣。吉川氏は養護しているなって感じたし、同じ出来事に対する語り方の違いを味わえて面白い。

返信先:@schwarz_bach お教え下さりありがとうございます。グールド・ドーキンス論争をきちんと理解していないので、『理不尽な進化』も読んで見ます。

TwitterMarika UCHIDA 内田麻理香@kasoken

返信 リツイート 8/4(日) 21:34

返信先:@kasoken 吉川浩満著 「理不尽な進化」を入手しました。池澤夏樹さんが、この本のグールド・ドーキンス論争のところで紹介している本です。第3章の 「ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか」で論争について書き、最終章もグールド論です。

生きづらいのは進化論のせいですか? 『理不尽な進化 遺伝子と運のあいだ』著者、吉川浩満氏インタビュー synodos.jp/science/17264

TwitterSYNODOS / シノドス@synodos

返信 リツイート2 8/4(日) 8:06

ベンヤミンかぁ(『理不尽な進化』を久しぶりに読み返したい)(新しい天使)

RT @pooneil: 以前「理不尽な進化」を読んだときに知ったのは、進化においてはSJグールドの適応主義批判があって、ドーキンスのヒューリスティックスとしての適応主義という反論があって、デネットのそもそも進化論は機能主義的な問いであり、適応主義からは逃れられない、というもの…

Twitter平井靖史『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』(書肆心水)共編著・発売中@hiraiyasushi1

返信 リツイート 7/29(月) 11:47

子供の頃はだいたい可愛いけど成長すると顔面に偏差値が現れるの、理不尽な進化だと思います。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

理不尽な進化の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(0:46時点)

この検索結果をシェア