お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

江戸時代後期の花魁。半幅帯を簡略的に締めて、額仕立ての中着を羽織ってるので、これは寝間着の状態。「額仕立て」とは襟・袖口・裾を胴部分と違う布で仕立てたもの。格子柄にヘチマの絵柄が可愛すぎる。 渓斎英泉『おゐらんだかがみ 日本堤景』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/bQUzqwIrcO

画像・動画を閉じる

画像・動画を常に展開するオンオフ

江戸時代後期の花魁。半幅帯を簡略的に締めて、額仕立ての中着を羽織ってるので、これは寝間着の状態。「額仕立て」とは襟・袖口・裾を胴部分と違う布で仕立てたもの。格子柄にヘチマの絵柄が可愛すぎる。 渓斎英泉『おゐらんだかがみ 日本堤景』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/bQUzqwIrcO

寛文(1661〜73頃)期の上方の遊女。髪は『御所風髷』という下げ髪が変化した髷で、上流が中流に移り花街まで及びました。江戸時代初期は女性も細帯で、袖口が小さいのが特徴。袖の下が緩やかにカーブしていて、俗に『薙刀袖(なぎなたそで)』と呼ばれます。無款『立姿美人図』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/Iu36ULUJFO

RT @nadeshicorin: 正装した武家の若侍。江戸中期。小花柄の裃に振袖の若衆ちゃん。振袖の文様は羽と紐の意匠です。若衆はカワイイ装いができるからいいですね。 西川祐信『四季風俗図巻』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/EUZWX9J0uS

RT @nadeshicorin: 正装した武家の若侍。江戸中期。小花柄の裃に振袖の若衆ちゃん。振袖の文様は羽と紐の意匠です。若衆はカワイイ装いができるからいいですね。 西川祐信『四季風俗図巻』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/EUZWX9J0uS

寛文(1661〜73頃)期の上方の遊女。髪は『御所風髷』という下げ髪が変化した髷で、上流が中流に移り花街まで及びました。江戸時代初期は女性も細帯で、袖口が小さいのが特徴。袖の下が緩やかにカーブしていて、俗に『薙刀袖(なぎなたそで)』と呼ばれます。無款『立姿美人図』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/pVZ21oR6h6

本気で寒い雪の日の装い。黒頭巾を被り手拭を首の所で結びます。上衣は道中着と呼ばれる雨合羽で、着物の上から着て、しごき帯を腰の位置で締めます。中の帯が入ってる部分のボコってなってるとこ好き。今も昔も冬は女子力アップ。 歌川国貞『本朝風景美人競 大和吉野』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/zKRfKg6tzY

RT @nadeshicorin: 正装した武家の若侍。江戸中期。小花柄の裃に振袖の若衆ちゃん。振袖の文様は羽と紐の意匠です。若衆はカワイイ装いができるからいいですね。 西川祐信『四季風俗図巻』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/EUZWX9J0uS

RT @nadeshicorin: 江戸時代初期の12〜13歳くらいの若衆ちゃん(少年)。初期の若衆の前髪は結ばず長く伸ばし吹き上げているだけで、ゆったり自由な感じです。かわいい。黒地に小花文様の振袖で華やかな装い。 無款『若衆立ち姿図』ヨリ #お江戸スタイルブック https…

Twitterりゃにとす('ω')JP.Ibaraki@a1d27ta

返信 リツイート 12/6(木) 19:58

RT @nadeshicorin: 寛政初期(1789〜1801)頃の吉原遊女。燈籠鬢に横兵庫。白地の小袖に、黒地に藤の打掛のコントラスト…✨気品あふれます。帯は鳳凰の柄。 勝川春潮『立姿遊女図』ヨリ #お江戸スタイルブック #花魁ファッション https://t.co/B…

Twitterりゃにとす('ω')JP.Ibaraki@a1d27ta

返信 リツイート 12/6(木) 19:57

RT @nadeshicorin: 正装した武家の若侍。江戸中期。小花柄の裃に振袖の若衆ちゃん。振袖の文様は羽と紐の意匠です。若衆はカワイイ装いができるからいいですね。 西川祐信『四季風俗図巻』ヨリ #お江戸スタイルブック pic.twitter.com/EUZWX9J0uS

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#お江戸スタイルブックの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(20:08時点)

この検索結果をシェア