お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ベストツイート

連絡不精な彼氏、大倶利伽羅。連絡するのはいつもこっちだし、返信も遅い。メッセージのやりとりは勿論、電話も珍しい。けれど、唐突なメッセージ。「電話していいか」何かあったのかと聞けば、「お前の声が聞きたい」と。普段、言われない分どうしようもなく嬉しい。#とうらぶプラス 突然のデレ

連絡不精な彼氏、大倶利伽羅。連絡するのはいつもこっちだし、返信も遅い。メッセージのやりとりは勿論、電話も珍しい。けれど、唐突なメッセージ。「電話していいか」何かあったのかと聞けば、「お前の声が聞きたい」と。普段、言われない分どうしようもなく嬉しい。#とうらぶプラス 突然のデレ

確かに主殿はいた。でも見えた足から視線を流すと明らかに「寝た」のではなく「倒れた」その姿に血の気が引いた。「俺を…また一人にしないでくれ…!」無意識にそう言って縋るように手を強く握る。すると優しく開いた瞳と唇が「大丈夫だよ」と小さく笑う。こんなにも大事だと痛いほど #とうらぶプラス

Twitter r_kaza かざみゃー

返信 リツイート 4:34

自室に着いた途端つまずいて倒れた。でも疲れ果てていて「もういいや…」と意識をそのまま手放す。夢の中「俺を…また一人にしないでくれ…!」小さく切ない声が聞こえて力強く握られた手に、意識が緩く浮上する。揺れながら見下ろす瞳に「大丈夫だよ」と笑うと、骨喰くんが苦笑した。 #とうらぶプラス

Twitter r_kaza かざみゃー

返信 リツイート 3:46

最初は庭を眺めてた。気付けば意識が遠のいてて、僅かな衣擦れの音とほのかな温かさに薄っすらと開けた視界に移ったのは「ん、薬研くん…?」「いいから寝てろ、たまには休め」その声にまた瞳を閉じると背中に体温が。背中合わせに座った彼の優しさにもう少しだけ甘えさせて貰おうかな #とうらぶプラス

Twitter r_kaza かざみゃー

返信 リツイート 3:24

座る私の背後に、陸奥守が座る。彼は、私の腹の前に手を回し、私はそれを握り、握り返される。私は背を彼に凭れさせ、彼も私に身を寄せる。肩に、顎が乗せられた感覚がして、彼に耳元で呼ばれた。いつもよりも熱が込められた囁く声で、私の名を。背骨が震わされて、一瞬で目が潤んだ。#とうらぶプラス

「刀のわしらより、おまんの方が冷やいっちゅうがは変な話じゃのう。」私の頬を包む陸奥守の掌は、ホッカイロのようにぽかぽかしている。凄いな、いいなとボヤくと、彼は笑い、頬から掌を離し、代わりに私の全身を腕で包んだ。「おまんを温める為に宿った体温かもしれんにゃあ!」#とうらぶプラス

「やる気出ましたかね、さ、仕事してください」「主はん顔赤いで」「五月蝿いです」 #とうらぶプラス 「なぁ主はんもっかi「刀解しますよ」すんませんでした。」

Twitter xxx_yrn_ ゆりな✡。:*

返信 リツイート 昨日 22:52

今日は寒かったので、日本号さんに温めてもらいたい。「うわ、冷てぇな」ってあの大きな手で両頬挟んで言って欲しいし「寒かったろ、こっち来い」って抱きしめてくれるし「冷て〜」って言いながらも離そうとしない優しい彼。#とうらぶプラス 「もっと温けぇマフラー買ってやろうか?」

Twitter Angel_peachs ねこ ໒꒱· ゚

返信 リツイート 昨日 22:27

「景趣、冬に変えなきゃ」「…秋のままでいいんじゃないか」驚いて理由を尋ねると、大倶利伽羅はなぜか呆れた顔をした。「…あんたが風邪を引く。去年、酷いのをやっただろう」冬に変えるなら羽織を買うんだな、と言い置いて歩き出した彼をぽかんと見つめる。心配、してくれたんだね #とうらぶプラス

「きみはどうして歌仙を初期刀に選んだんだ?」「直感に従いました」鶴丸の問いに簡潔に答えれば「悩みもせず?」「はい」「少しもか?」「はい全く」即答された彼は苦く笑った「じゃあもしも初期刀の中に俺も入っていたら、きみは俺を選んでくれたかい?」「歌仙さんを選びましたね」 #とうらぶプラス

Twitter hanab1uta みたらしだんご@夢書き

返信 リツイート 昨日 21:48

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#とうらぶプラスの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(8:41時点)

この検索結果をシェア