お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#デザパタ Observer:観測対象が観測者(Observer)のリファレンスを持ち更新時に通知する。通知を受けて観測者が必要な情報を Pullする型と、必要そうな情報を通知に含める Push型がある。MVCのModelがSubject, ViewがObserver. [12]

#デザパタ Observer:観測対象が観測者(Observer)のリファレンスを持ち更新時に通知する。通知を受けて観測者が必要な情報を Pullする型と、必要そうな情報を通知に含める Push型がある。MVCのModelがSubject, ViewがObserver. [12]

#デザパタ Template Method:基底クラスで関数を呼ぶ順番を定義する。各関数の実態は継承先のクラスで実装する。継承先クラスでのコード重複の回避。 [11]

#デザパタ Mediator:協調して働くオブジェクトのハブとして働き、クラス間の相互依存性を減らす。(オブジェクトは Mediator の存在だけ知ればよいようにする。) [05]

#デザパタ Command : 動作とそれに伴うパラメータをカプセル化する。仮想クラスでインターフェースを定義し、サブクラスで実装の実態を持つ。キューに入れて実行順の管理や記録をしたり、アンドゥ機能を持たせる、複数の小コマンドを連続実行するマクロコマンドを作る事も可能。 [03]

#デザパタ Observer:観測対象が観測者(Observer)のリファレンスを持ち更新時に通知する。通知を受けて観測者が必要な情報を Pullする型と、必要そうな情報を通知に含める Push型がある。MVCのModelがSubject, ViewがObserver. [01]

#デザパタ Observer:観測対象が観測者(Observer)のリファレンスを持ち更新時に通知する。通知を受けて観測者が必要な情報を Pullする型と、必要そうな情報を通知に含める Push型がある。MVCのModelがSubject, ViewがObserver. [23]

#デザパタ Visitor:対象のクラスにAccept(Visitor *v){ v->Visit(this) } のような関数を作り、Visitor クラスにより新しい操作を追加。 [23]

#デザパタ State:オブジェクトが状態クラスを持ち、状態によって変わる処理を任せる。状態の遷移は状態オブジェクトの変更で表現する(変更を親が行うか状態クラス内で行うかは実装による)。各状態クラスはインターフェースを定義した基底仮想クラスを継承して作る。 [16]

#デザパタ Visitor:対象のクラスにAccept(Visitor *v){ v->Visit(this) } のような関数を作り、Visitor クラスにより新しい操作を追加。 [15]

#デザパタ Command : 動作とそれに伴うパラメータをカプセル化する。仮想クラスでインターフェースを定義し、サブクラスで実装の実態を持つ。キューに入れて実行順の管理や記録をしたり、アンドゥ機能を持たせる、複数の小コマンドを連続実行するマクロコマンドを作る事も可能。 [08]

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#デザパタの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(23:16時点)

この検索結果をシェア