お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ベストツイート

#ノベルちゃん三題 うさぎは夜が好きでした。月を見上げるのが好きでした。だから夜の仕事を選びました。誰かの夜食をよいせと背負って今日も配達に勤しみます。月への旅費はあと半分。落っこちてみた明るく輝く東京の陰は、宇宙よりも深くて暗くて。明るい地球を見上げた頃を、懐かしく思い出します。 twitter.com/fairy_novel/st…

Twitter森村直也<9/30 ゆめつむ_い02>@hpjhal

返信 リツイート8 昨日 21:29

#ノベルちゃん三題 東京土産に幼い娘にうさぎのぬいぐるみを渡したら妻が拗ねてしまった。「それ、帰りの空港で買ったんでしょう。あなたは同窓会で楽しかったでしょうけど、私は三日間、この子と二人きりで大変だったんだから」機内食では足りなくて夜食を食べたいが、カップラーメンになりそうだ。

東京の夜は明るい。終電後でも夜食を食べられる程度の店は開いている。目についたラーメン屋に入り、腹を満たした。 職場と自宅をただ往復するだけの日々。見上げれば丸い月に見下ろされている。絶対うさぎは住んでるよ、と言った意地っ張りの幼馴染の声が何故か今、思い出された。 #ノベルちゃん三題

#ノベルちゃん三題 「夜食でも召し上がりますか?」小首を傾げてうさぎが問うた。 うさぎ…とはいえ、それはウサミミを付けた僕の彼女である。 「そうだね。夜食なら君を美味しく頂くよ。でもその前に、胸に東京って描いてあるそのダサいTシャツは脱いでくれないかな。興醒めだよバニーちゃん。」

仕事が大詰め。東京本社と連絡を取り合いながら食も不定期となっていき、夜食、夜食の毎日だ。あぁ、うさぎを追って野山を分け入っていた、あの頃が懐かしい。夏には川に入って川魚を手掴みしていた。そうだ僕は何をしていたのか。仕事を放り出し、いざ帰らん。あの懐かしい故郷へ。#ノベルちゃん三題

とある港町の中華街。観光地としても有名な場所だが一歩路地を踏み越えるとソコにはデンジャー香るディープな雰囲気が現れる。馴染みの古書店の軒先で店番をしているインコと戯れ、小腹が空いたので近場の定食屋へ。本格的な麻婆茄子は頭痛がするほど辛いが理論を超えた旨さだった。#ノベルちゃん三題

#ノベルちゃん三題 ああ、眠れない。午前二時にも関わらず騒がしい。これが東京かぁと改めて感じる。ほんの数週間前まで野生のうさぎを見かけるようなところにいた自分が懐かしい。夢を叶えるためにここに来たのに自分は今何しているのだろう。そんなことを考えたらお腹すいたから夜食をとって寝よう。

#ノベルちゃん三題 以前書いたお話の続きです。 #140字連載 木槿国の物語

Twitter鶏林書笈(계림서급)@高麗楼@keirin_syokyu

返信 リツイート 昨日 22:46

#ノベルちゃん三題 雪女の少女が台所に立ち、主である少年の為に夜食を拵えていた。おや、と嗅ぎ慣れぬ匂いに牛鬼が鍋を覗き込む。 「これは兔か。珍しいな」 「ネットで調べればどこで買えるかすぐ分かるわ。通販もあるし」 子供が夜寝ずに勉強し、東京で兔鍋を食う、不思議な時代だと牛鬼は思った。 twitter.com/fairy_novel/st…

懐中時計を持ったうさぎが「♪東京タワーのてっぺんから足をそろえて飛び降りる」と歌いながら六本木の交差点を渡っていくのを、アマンドの窓際の席で、夜食のパンケーキを食べながら見てたのは、もう30年も前のこと。 #ノベルちゃん三題

デブA「ステーキ肉寿司しゃぶしゃぶ焼肉をハシゴした日の夜食に食う東京チカラめしは美味いか?」デブB「I love it!」デブA「Me too!」 #ノベルちゃん三題

TwitterトオノキョウジのHUB即売会エントリー受付中!@kyozy_tohno

返信 リツイート 昨日 21:43

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#ノベルちゃん三題の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(20:44時点)

この検索結果をシェア