お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#マナー会社 は客観的な基準に基づいた画一的診断だけをします。主観的な診断は #電話診断士 によって結果が変わるので主観的な診断はできません。よって本当の顧客満足度は分からない。こんなサービスに金を使うなんてもったいない。この金をオペレータに還元した方が、余程 #モチベーション があがる

#電話品質診断#電話応対診断 はオペレーターの能力査定に使用されることがある。昇給などに関しては、勤怠管理だけではなく、顧客対応力を査定する必要があるからです。本当は自社でやった方がいいけど、完璧な診断でなくても、ある程度の診断であればいいかと #マナー会社 に依頼する。

となみに自社内で行う応対の #品質管理 は重要だと思います。私が苦言を呈したいのは、#マナー会社 がそういったサービスを商品と提供していて、業務内容もよく把握せず、また #電話診断士 によって診断内容が異なると困るから客観的基準でしか診断しないにも拘わらず、悪しき商品を提供していること

今後 #外国人労働者 の受入が始まって、コールセンターに外国人が出たら日本語がおかしいから落第点をつけるのだろうか。#マナー会社 #マナー講師 はいい加減なビジネスやマナーを作ってオペレーターを混乱させるのをやめてほしい。顧客満足度(CS)とは懸け離れた #電話品質診断 は撲滅するべきです。

#マナー講師 が大嫌い。死ぬほど大嫌い。あんな高圧な態度でお金を得ている連中大嫌い。#マナー会社 は倒産してしまえ、存在価値のない業種。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#マナー会社の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(8:10時点)

この検索結果をシェア