お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#メモ代わりにコピペ 虫歯予防法 ・食後にハードタイプのナチュラルチーズかじる(口内を酸性からアルカリ性に、リン酸カルシウムが再石灰化も促す) 歯磨きはチーズ食べた後30分経ってから ・歯磨き出来ない時はお猪口1杯分位の水でまず上の歯にぶつけるようにうがい10回、続けて下左右も同じく

#メモ代わりにコピペ 虫歯予防法 ・歯を磨く前に歯ブラシは濡らさず一本ずつ磨く意識 ・フッ素入りの歯みがき粉で磨いた後は15ml程の少量の水で軽めにうがい(フッ素がない歯みがき粉の時はしっかり洗い流す)

#メモ代わりにコピペ 風邪やインフル予防法 ・ガラガラうがい前にクチュクチュうがい ・手を拭く時は使い捨てられるペーパータオルか、タオル共有しない

#メモ代わりにコピペ 風邪やインフル予防法 ・マスクを外す時はヒモを持ちフィルターには触れない、袋に包む等密閉して捨てる ・緑茶を10~15分間隔でこまめに少しずつ飲む(カテキン、テアニン) ・晴れた日は手袋せず日光に素肌を15~20分は当ててビタミンDを生成 ・帰宅したらうがい以外に顔も洗う

#メモ代わりにコピペ ベビーパウダーにはタルクという成分があり水・脂を吸収するので髪の毛や体につけて擦るとお風呂後のようにサラサラになる。

#メモ代わりにコピペ 鍋に水はってフリーザーバッグに米と水入れて茹でると御飯炊け、溶き卵だとオムレツになる。 災害時、ラップを皿に巻いて使い食後はラップをはがして捨てる事で、洗い物する水を節約出来る。 ラップを傷口に巻いて止血、体に直接巻いて防寒具にもなる。

#メモ代わりにコピペ 一酸化炭素中毒は色・臭い無く毒性強い火災時死因1位。昔の濡れたハンカチを口元に当てて避難は大して効果無く、今は透明なポリ袋に空気を充満させて頭から被り袋を閉じて避難する。5分以上被ると窒息の危険があるので迅速に安全な場所へ。

#メモ代わりにコピペ 地震後帰宅して、すぐ片付けするのではなく、まず自宅の被害状況を写真に撮る。自治体に生活費や修繕費に充てる資金を申し込む罹災(りさい)証明書を出す際に被害状況分かる写真を添えると認定されやすく支給金額が増えたりする事も。 壁に入ったヒビや壊れた窓、ドア等を撮る

#メモ代わりにコピペ お風呂に水を溜めて災害に備えるのは間違い。様々な菌が繁殖して感染症を引き起こす危険がある。 震災時は下水道が破裂している可能性あるのでトイレの水を流すと逆流する可能性ある。

#メモ代わりにコピペ ガソリンスタンドは街の建物の中で最も安全。 1923年関東大震災被害から地震時すぐ火の始末と言われたが1997年全てのガスメーターは震度5以上で自動的にガス遮断する仕組みになった為、消火あせって火傷する危険性より火の始末は揺れがおさまってからする。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#メモ代わりにコピペの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(9:14時点)

この検索結果をシェア