お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

ニリンソウ。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。湿った林下などに群落を作る春の草花。1本の茎に花が2個つく姿が名前の由来だが1個や3個のものもある。白い花弁に見えるものは萼片。葉のところどころに白や薄緑の斑が入る。若葉は食べられるが毒草のトリカブトに似ているので注意が必要。 #一日一草 pic.twitter.com/IUcvrU18z5

画像・動画を閉じる

画像・動画を常に展開するオンオフ

ニリンソウ。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。湿った林下などに群落を作る春の草花。1本の茎に花が2個つく姿が名前の由来だが1個や3個のものもある。白い花弁に見えるものは萼片。葉のところどころに白や薄緑の斑が入る。若葉は食べられるが毒草のトリカブトに似ているので注意が必要。 #一日一草 pic.twitter.com/IUcvrU18z5

ギンラン。ラン科キンラン属の多年草。雑木林などに生えキンランよりやや遅れて白い清楚な花を咲かせる。花はキンランと同じく半開きのままで終わることが多い。キンランよりは小型。葉が笹の葉を思わせるよく似たササバギンランはやや大型。キンランに似て白い花をつけることが名前の由来。 #一日一草 pic.twitter.com/i2BJgX72Zq

#一日一草 フラージェス(草タイプじゃないけど) こういうSっ気のありそうなツリ目の女性が好きです pic.twitter.com/1vyPItm5AL

Twitterもにょ子@コウナツ@kizakino_Flo

返信 リツイート 5/23(木) 1:24

キンラン。ラン科キンラン属の多年草。雑木林などに生えて春から初夏の林床を飾る。まっすぐに伸びた茎の先に3〜12個の花を穂状につける。名は鮮やかな黄色い花を金に見立てたもの。コナラなどの根につく菌根菌と共生するため栽培するのは困難。開発や乱獲で激減し絶滅危惧種になっている。 #一日一草 pic.twitter.com/DMCbsXNEPh

シャガ。アヤメ科アヤメ属の多年草。林内の日陰などやや湿った所に群生するほか庭などにも植えられる。葉は常緑で光沢があり2列に並んで扇状につく。花は朝開き夕方に萎む一日花で毎日違う花が次々に咲く。種子はできず地下茎で増える。古くに中国から渡来し野生化したと考えられている。 #一日一草 pic.twitter.com/1jluQHD6I8

RT @kizakino_Flo: #ポケモン好きさんと繋がりたい #一日一草 やっぱり毎日描くってなるとネタが浮かんでこない時もありますので、普段私が呟いてる作品の中から植物に関係するキャラのお題出下さい…

セイヨウタンポポ。キク科タンポポ属の多年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で市街地や道端などどこにでも見られる。花の下の総苞片が反り返ることが大きな特徴。小さな舌状花が多数集まって一かたまりの花頭をつける。花は日中開いて夕方に閉じる。受粉しなくても結実し秋遅くまで咲いている。 #一日一草 pic.twitter.com/wK5WMlb5GU

ムラサキツメクサ。マメ科シャジクソウ属の多年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で明治時代に渡来、牧草として栽培され各地に広がった。茎が直立し全体に毛が多い。花柄が短く花のすぐ下に小葉がついている。別名アカツメクサ、レッドクローバー。花色からシロツメクサと区別してこの名がある。 #一日一草 pic.twitter.com/VMugVHZCeA

シロツメクサ。マメ科シャジクソウ属の多年草。別名クローバー。ヨーロッパ原産の帰化植物で明治時代に牧草として渡来。茎が地面を這って広がり、花柄が立ち上がりその先に多数の蝶形花がボール状に集まって咲く。江戸時代にオランダからの輸送船の積荷の詰め物にされていたことが名の由来。 #一日一草 pic.twitter.com/iC7zrPb80B

エビネ。ラン科エビネ属の多年草。山野のやや暗い林床に生える春の山野草の代表格。近年では人工交配による育種も盛ん。大きな葉を2〜3枚広げ春に開花するが、夏咲き種もある。キエビネは中国地方〜四国、九州に生える大型種。数珠状の根茎が関節の多いエビのように見えることが名前の由来。 #一日一草 pic.twitter.com/c58ILR5Ca0

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#一日一草の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(23:06時点)

この検索結果をシェア