お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#中止試験 に関しては、 ①『#タバコ 喫煙率 100% の #うつ病 患者集団』を対象に『#タバコ#プラセボ』で #中止試験 を実施したらどうなるか?を思考実験すれば良い ②『1回目の再発』は試験早期に偏って当然

#プラセボ#抗うつ薬#寛解 率差 15-20% で測定される有効性は、証拠に基づく医療の分析において中程度から大きい効果に相当する ●#再発 率が高度に統計学的有意な効果を示す #二重盲検法 #プラセボ対照 #維持試験 #中止試験 の結果を無視している en.wikipedia.org/wiki/The_Emper…

『6週間』では全く無い。 『半年』『1年』『2年』が正解。 ● #うつ病 期間2年以上 33% ● #抗うつ薬 服薬歴あり 60% ● 実質的に #中止試験 『その結果、試験開始から6週間の時点では、#セルトラリン 使用群では #抑うつ 症状は5%しか軽減しておらず、統計学的に有意な効果は示されなかった。』

返信先:@TheLancetPsych他1人 第四に、#ランダム化 #中止試験 (3003) への参加は、事前の短期試験でランダムに #エスケタミン(#プラセボ ではない)に割り当てられ安定して #寛解 を達成した患者に制限されていた事から、結果として薬で #反応 する可能性が統計学的に高い集団が増加した。@US_FDA p20, 29 fda.gov/media/121378/d… pic.twitter.com/2qOryIGzpT

より昔のほうが流通している #抗うつ薬 の種類が限られていたはずだから、臨床試験で使用される #抗うつ薬 と同じ #抗うつ薬 を事前に使用していた参加者の率が高まる。実質的に #中止試験 である可能性が高まる。

これは #中止試験 であるが、 典型的な臨床試験も参加者の大半が試験開始前に #抗うつ薬 を長期服用しているため実質的に #中止試験 であること。 #統合失調症 に対する #抗精神病薬 は医学史上 #中止試験 しか報告がない。

返信先:@HopkinsMedicine 結論:重大な #方法論的欠陥 のため、#プラセボ置換維持試験(#抗うつ薬 #中止試験)を除外した場合、#大うつ病性障害(#うつ病)と診断された若者における #抗うつ薬 維持療法に関する可用な研究報告により裏付けられた証拠は基礎を失う。 @HopkinsMedicine twitter.com/FrontPsychiatr…

返信先:@HopkinsMedicine #プラセボ置換試験(#抗うつ薬 #中止試験)は様々な理由で批判されてきた。有効性試験における非反応者を除外する #選択バイアス、#プラセボ 置換えの可能性に対する #不安、#抗うつ薬 の突然中止による #離脱症状(#目眩 や #焦燥 が特徴)の危険性など。 @HopkinsMedicine twitter.com/FrontPsychiatr…

返信先:@HopkinsMedicine プラセボ置換維持試験:#プラセボ置換試験(#中止試験)は #抗うつ薬短期試験 中に #反応 を経験した被検者を慎重に選択し、その後 #反応 者は #二重盲検法 #プラセボ対照 #維持試験(#中止試験)に参加することが推奨される。 #ジョンズ・ホプキンズ大学 @HopkinsMedicine twitter.com/FrontPsychiatr…

若者の大うつ病性障害に対する短期および長期の抗うつ薬の臨床試験:調査結果と懸念 2019/10 #大うつ病性障害 の若者を対象としたこれら #抗うつ薬 #プラセボ 置換 #維持試験#中止試験)の特徴は、#脱落 率が高く、#プラセボ への切替後に多い急速な #離脱#自然経過 とは異なる #再発 率である。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#中止試験の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(2:01時点)

この検索結果をシェア