お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#乙2】●水素を発生する固体まとめ● 『鉄粉』…酸に溶けて水素  『アルミニウム粉・亜鉛粉』…水と接触して水素。酸やアルカリに溶けて水素。※両性元素  『マグネシウム』…熱水・希薄な酸に溶けて水素。 #危険物

#乙2】●水素を発生する固体まとめ● 『鉄粉』…酸に溶けて水素  『アルミニウム粉・亜鉛粉』…水と接触して水素。酸やアルカリに溶けて水素。※両性元素  『マグネシウム』…熱水・希薄な酸に溶けて水素。 #危険物

#乙2】●溶ける・反応する・発生するまとめ● 第二類は水には溶けない。二硫化炭素に溶けるのは硫化りんと硫黄(赤りんは溶けない)。鉄粉・アルミニウム粉・亜鉛粉は酸に反応し水素、マグネシウムは希薄な酸に反応し水素。アルカリはアルミニウム粉・亜鉛粉のみ。 #危険物

#乙2】硫化リン・鉄粉・金属粉(アウミニウム粉・亜鉛粉)・マグネシウムは乾燥砂などによる『窒息消火』が有効。これらは水と接触すると発火/有毒ガスを発生させるため、注水厳禁な危険物である。 #危険物

#乙2】赤リン・硫黄は水や泡による『注水冷却消火』が可能だが、リンと硫黄の化合物である硫化りん(三硫化りん・五硫化りん・七硫化りん)は乾燥砂などによる『窒息消火』を行う。水と反応して有毒は硫化水素が発生するため、注水消火は“厳禁”である(消火効果は有)。 #危険物

#乙2】酸化剤・火・高温体を避ける。防湿&密閉で冷暗所に貯蔵する。鉄粉・金属粉・マグネシウムを含有するものは、水・酸を避ける。引火性個体は常温(20℃)で可燃性蒸気を発生させるのでみだりに蒸気を発生させないように注意する。 #危険物

#乙2】マグネシウム。製造直後のものは発火しやすいが、常温の乾いた空気中では表面が薄い酸化皮膜で覆われるため、酸化が進行しない。点火すると白光を放って激しく燃える。 #危険物

#乙2】硫黄は硫酸やゴム等の原料として利用されている。無味無臭。約360℃で亜硫酸ガスを発生。酸化剤と混合すると加熱・衝撃等で発火の危険性。不良導体なので静電気がしやすい。塊状ならわら袋や麻袋、粉末状なら二層以上にしたクラフト紙袋、麻袋に貯蔵可能。 #危険物

#乙2】赤りんは黃りんの同素体で(≠同位体)黃りんと比べたら安定している。1気圧(常圧)で約400℃で昇華。臭気・毒素無し。純粋なものは自然発火しないが、黃りんが混合されていると危険。酸化剤と混合すると摩擦熱でも発火する。勿論容器は密栓&冷暗所保管。 #危険物

#乙2】硫化りんは全て、酸化剤や金属粉との混合を避ける(発火の危険)。火気や摩擦、衝撃にも気をつける。容器に密栓して保管し、換気の良い冷暗所にて貯蔵。 #危険物

#乙2】●主な物品まとめ● 《その1》『硫化りん(三硫化りん/五硫化りん/七硫化りん)』『赤りん』『硫黄』 《その2》『鉄粉』『金属粉(アルミニウム粉/亜鉛粉)』『マグネシウム』 《その3》『引火性固体(固形アルコール/ゴムのり/ラッカーパテ)』 #危険物

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#乙2の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(2:10時点)

この検索結果をシェア