お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

RT @biblio_babel: 「とこやさん」週末、2年半ぶりに川越に行ってきたのでその報告。その名もズバリな床屋さん。2階窓の上には何らかのペイントが施されていたようだが、現在は剥がれて白の磁気質タイルが露わになっている。店名のレタリングも味がある。 #今日の看板建築 h…

RT @biblio_babel: 「とこやさん」週末、2年半ぶりに川越に行ってきたのでその報告。その名もズバリな床屋さん。2階窓の上には何らかのペイントが施されていたようだが、現在は剥がれて白の磁気質タイルが露わになっている。店名のレタリングも味がある。 #今日の看板建築 h…

RT @biblio_babel: 「矢口書店・古賀書店」(1928) 神保町のモルタル塗り二軒長屋の古書店。靖国通り面とその横道の2面でそれぞれファサードを変えている。特に岩本禄風の大きなアーチは分離派建築会の影響がみられる。1階の本の壁も神保町ならでは。 #今日の看板建築

「伊勢亀本店」大正浪漫通りに面して建つ洋装店。装飾の少ない控えめなファサードながら、重厚な庇や看板にコーニスを廻し端正な外観を引き締めている。1階部分もショーケース、木建具など昔ながらの内外装がよく残されている。できることなら買い取ってリノベしてみたい。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/YCYL551RGM

「いせや」守山登(2003) 「シマノコーヒー大正館」の隣に位置する和菓子店。年季の入った建物に見えるが、平成に入ってから建てられた #看板建築・リヴァイヴァル だ。隣とコーニスの高さを揃え、縦長窓を踏襲するなど、違和感のない設えとしている。 nonoji.net/arch/iseya/pho… #今日の看板建築 pic.twitter.com/2DxxVYC0vh

「シマノコーヒー大正館」(1933) 川越の大正浪漫通りにあるモルタル塗りの旧呉服店。三連窓と西洋風の付柱、コーニスにはデンティルを廻している。現在は1階を改装し、大正レトロな喫茶店として営業中。この日はモーニングをいただいた後、描いた絵を渡してきた。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/JaxD6HLIWE

「とこやさん」週末、2年半ぶりに川越に行ってきたのでその報告。その名もズバリな床屋さん。2階窓の上には何らかのペイントが施されていたようだが、現在は剥がれて白の磁気質タイルが露わになっている。店名のレタリングも味がある。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/o2P2qJXyfl

「矢口書店・古賀書店」(1928) 神保町のモルタル塗り二軒長屋の古書店。靖国通り面とその横道の2面でそれぞれファサードを変えている。特に岩本禄風の大きなアーチは分離派建築会の影響がみられる。1階の本の壁も神保町ならでは。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/npqDXqytI9

「旧相野郵便局」(1899) 兵庫県三田市、相野駅の駅前にある元郵便局舎。明治期に多く建てられた下見板系の擬洋風建築であるが、ファサードだけ洋風にした形態は看板建築によく似ている。現在は「ティールームジョイフル」という喫茶店の看板が掲げられているが営業情報無し。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/wDhyiJAuR8

「村岡総本舗羊羹資料館」(1941) 最近は都内に偏っていたので久々に他県を紹介。佐賀県小城市に建つ和菓子店の資料館で、竣工当初は軍の砂糖蔵だった建物。上空から見ると瓦葺の入母屋屋根がファサードと芯ずれしているのがわかる。見事な看板感でめでたく国の登録有形文化財に。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/Hgs2eEgFsL

「けやき・すする」人形町、今半の裏手にあるモルタル塗り二軒長屋。こうした何気ない街の建物も看板建築探偵には(フム…柱型に月桂樹のレリーフがあるな…エンタブラチュア下のモールディングは見慣れないな…植物か…?)みたいに見えている。 #今日の看板建築 pic.twitter.com/7FqWXNAJui

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#今日の看板建築の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(7:30時点)

この検索結果をシェア