お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#出す予定のない新刊のあらすじを考える 雨が上がった後にだけ、きっとあなたはここに来る――。豪雨の晩に助けてくれた酒好きの恩人を、繁華街の地下のバーでバーテンダーとして修行しながら待つ彼の日記。カウンターをゆきすぎるさまざまな客と色とりどりのグラス。その中に、彼が待つ人は現れるのか?

#出す予定のない新刊のあらすじを考える 僕があらかじめ住んでいた古い家に後から越してきた彼女。毎日二人ぶんご飯を作ってくれるけど、この家に生きてる人間は彼女しかいない――。事故物件で『陰膳』の風習を続ける彼女と、美味しいご飯のためにこっそり奮闘する地縛霊の青年、毎日の食卓のおはなし。

#出す予定のない新刊のあらすじを考える 遠征から帰ってきたら、預けた鍵束ごと妻が失踪していた――。妻はどこに行ったのか、「あの部屋」は開かれてしまったのか。彼は何を隠し、何を忘れ、何を空想していたのか。広大な城内を探索するうちに、男は記憶の蓋をこじ開けられていく。贋作『青髭』、開幕。

#出す予定のない新刊のあらすじを考える 人が操作できない『自然』を排斥した世界。滅んだはずの『森』は、少年が持つフラスコの中で生き延びていた。『森』の一族の末裔、自然災害で家族を失った男、『森』を神聖視する異端宗教者、『森』を憎悪する科学者。封印された『旧き森』での戦いの結末は――!

#出す予定のない新刊のあらすじを考える ホテル最上階のレストラン、窓際の席、箱入りの指輪。ガチガチに外堀を固めて挑んだプロポーズなのに、ガラスをぶち破って乱入してきたのは覆面武装の大集団。彼女も見たことないような顔をして機関銃で応戦しだすし、待って、その武器どこから出したの――!?

#出す予定のない新刊のあらすじを考える 地球汚染により地上生活が困難になった人類は、宇宙へと伸びるコロニー『人工樹』に生活の場を移した。AIによって社会階層と居住区を決められる世界で、人工樹保護のために汚染された地上に生きることを定められた少女は、『樹』を切り倒すことを決意する――。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#出す予定のない新刊のあらすじを考えるの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(12:37時点)

この検索結果をシェア