お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

B型肝炎になると、IgG型HBcという抗体が血漿中から一生涯消えない。過去に罹患した人から100%検出できる。対してIgM型HBcは罹患してから3〜6ヶ月ヶ月ほどですぐ消えることが多い。#卒業試験

鼻腔には上・中・下鼻甲介がせり出すように存在する。その役割は鼻腔の表面積を増やし、かつ鼻粘膜に多く触れるように外気の流れを乱れさせ、入ってくる外気を加湿する。#卒業試験 #解剖学 pic.twitter.com/vyBWAW4a6n

【上皮細胞まとめ②】 単層立方上皮:なんかしっかりしてる。腎尿細管、甲状腺濾胞癌。 移行上皮:よくのびる。尿管、膀胱粘膜。#卒業試験

【上皮細胞まとめ①】 単層扁平上皮:うすく物質交換しやすい。血管内皮、肺胞内皮。 重層扁平上皮:分厚い。外敵の侵入を防ぐ。口腔、食道粘膜、皮膚。 単層円柱上皮:中に外分泌液をためたり。広げると面積が大きくなる。腸、胃粘膜。子宮粘膜、気管は線毛あり。#卒業試験

【上皮細胞まとめ②】 単層立方上皮:なんかしっかりしてる。腎尿細管、甲状腺濾胞癌。 移行上皮:よくのびる。尿管、膀胱粘膜。#卒業試験

エブネール腺は小唾液腺のうちのひとつ。純漿液腺。有郭乳頭周辺に存在する。オーストリアの組織学者、エブネールさんが発見。#卒業試験

B型肝炎になると、IgG型HBcという抗体が血漿中から一生涯消えない。過去に罹患した人から100%検出できる。対してIgM型HBcは罹患してから3〜6ヶ月ヶ月ほどですぐ消えることが多い。#卒業試験

ステロイドとはコレステロールから合成される有機化合物の総称。(それをコレステロール誘導体というらしい。)糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、アンドロゲン、エストロゲンなどがこれにあたる。ただし、一般的にステロイドというと糖質コルチコイドをさすことが多い。#卒業試験 #内分泌

【自己解釈GMFCS】 レベルⅠ:歩行、階段昇降に制限なし。高度な運動は制限。 レベルⅡ:歩行補助具、長距離で車いす。 レベルⅢ:監視、介助いる。 レベルⅣ:自力移動が制限。 レベルⅤ:補助具使用でも自力移動制限。抗重力肢位困難。 #卒業試験

【I型アレルギー】即時型。代表的な疾患はアナフィラキシーショック、気管支喘息、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アトピーなど。抗原抗体反応から症状発現までがすぐ!#卒業試験 #アレルギー pic.twitter.com/efvlC69NHX

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み

#卒業試験の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

話題なう(5:18時点)

この検索結果をシェア