お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

■ 水の比熱 水の温まりにくい性質は、消火剤として非常に優れています。 また、冷めにくい性質は湯たんぽなどとして活用されています。 #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学 pic.twitter.com/lAgMAgZT8J

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/16(水) 21:42

アメブロを更新しました。 『【インフルエンザ】になったり、白内障の手術をしたり大腸ポリープの切除や手根管症候群の手術』 #危険物取扱者 #認知症サポーター ameblo.jp/sabakuotoko555…

Twitterシルバーサポート倶楽部 新潟@kokekurabu

返信 リツイート1 1/15(火) 22:39

(続きから) これは、水の比熱が砂の比熱よりも大きい(水の方が砂より温まりにくい)ことが原因で起こる現象です。 #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/15(火) 22:31

水の比熱の大きさというのは、日常生活でも実感することができます。 例えば、夏の海岸では同じ量の太陽の光が降り注いでいるのにも関わらず、砂浜は歩くのが困難な程、熱くなります。 それに比べて、海水の温度上昇はわずかです。 (続く) #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学 pic.twitter.com/Sy4a7jJF6o

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/15(火) 22:30

水は、液体の中で最も比熱が大きいことが知られており、その値は4.186 J/(g·℃)(またはJ/(g·K))となります。 つまり、水1gを1℃上昇させるのに4.186J必要ということです。 昔は、これを1calと言っていました。 #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学 pic.twitter.com/C27hlv9n80

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/15(火) 21:03

RT @sr_ngt_48: 【NGT48】中井りかちゃん「歩咲は任せろ!」 #危険物取扱者 #渡邉歩咲 pic.twitter.com/oIRoOtoBFt

Twitterヴァンフォーレ甲府(はくばく)大好き雄大⊿@rinrin110721

返信 リツイート 1/14(月) 22:23

(続きから) 「比熱の大きな物質」ほど温度差を生じさせるのに大きな熱量が必要になるため、「温まりにくく冷めにくい」です。 逆に、「比熱の小さな物質」は小さな熱量で温度差を生じることができるため、「温まりやすく冷めやすい」です。 #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/14(月) 12:26

「比熱」とは、物質1g の温度を1℃(K)上昇させるのに必要な熱量のことです。 比熱容量ともいいます。 記号はc(小文字のc)、単位はJ/(g·℃)またはJ/(g·K)を用います。 #危険物取扱者 #危険物乙4 #物理学 pic.twitter.com/kdOkgClbTK

Twitter図解でわかる危険物取扱者講座@zukai_kikenbutu

返信 リツイート 1/14(月) 11:57

はい。 試験日まで毎日勉強しまーす! 今度こそ合格するぞ! 高校生の時に3回落ちてるw #危険物取扱者 #危険物取扱者乙種4類 #試験日まで勉強 #今度こそ取得する pic.twitter.com/IMthlrnOj3

危険物取扱者甲種について。 僕はこの本を購入し、3週間ひたすら暗記しました。結果一発合格で正答率9割超えを達成できました。 危険物甲種は、広範囲ですが、この本に記載されている語呂合わせや、問題をひたすら解けばほぼ間違いなく合格できると思います。 #危険物 #危険物取扱者 #試験 pic.twitter.com/kcrX567zVT

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#危険物取扱者の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(2:24時点)

この検索結果をシェア