お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

賃貸人破産により、賃借人が自己の生活・事業の本拠を失うのは相当でないので、#賃借人が対抗要件具備(借地契約で借地人名義で登記された建物、借家契約で建物引渡しなど)の場合、#双方未履行契約における管財人の解除権は制限される(破56条1項)。賃借人の使用収益権等は財団債権化(2項)。

Twitter民訴法,倒産法などボット (登録数277+)@right_droit2

返信 リツイート 8/6(木) 21:30

賃貸人破産により、賃借人が自己の生活・事業の本拠を失うのは相当でないので、#賃借人が対抗要件具備(借地契約で借地人名義で登記された建物、借家契約で建物引渡しなど)の場合、#双方未履行契約における管財人の解除権は制限される(破56条1項)。賃借人の使用収益権等は財団債権化(2項)。

Twitter民訴法,倒産法などボット (登録数276+)@right_droit2

返信 リツイート 7/18(土) 18:30

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#双方未履行契約における管財人の解除権は制限されるの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(18:20時点)

この検索結果をシェア