お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

今日も朝から勉強勉強。 改めて、『#合計特殊出生率』というものを調べてみたりしているが、調べれば調べるほどに、日本の悩みと課題がいかに大きいかに気付かされる。 1947年が4.54。 2018年が1.42。 子育てのサポート環境だけではなく、経済的な理由が大きいのだろうなと感じる。

Twitter五十嵐大輔@夢を語れる大人代表@daisuke8ball

返信 リツイート 7/29(水) 8:34

「落差の理由の一つは出生率の算定法にある。県単位で15~49歳の女性がどれだけ子供を産んだかを割り出す。子供を産んでいない若い女性が県外に流出すると、分母が縮小して率は高まる」 地方が子育てしやすいから #合計特殊出生率 が高いと考えるのは誤り。#少子化 nikkei.com/article/DGXMZO…

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#合計特殊出生率の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(3:37時点)

この検索結果をシェア