お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

柔らかな唇が、そっと鈴口に触れる 「っ、」 「....はぁっ、ん...」 ぬるりと伝う熱い舌の感触に限界に迄硬くなって行く其処 「はぁっ、○○...」 「ん、きもちいい?」 上目遣いで此方を見上げ、小首を傾げる君の頭を撫でる 「うん、気持ち良いよ...上手」 「ふふ、よかった」 #夜の文ストプラス

柔らかな唇が、そっと鈴口に触れる 「っ、」 「....はぁっ、ん...」 ぬるりと伝う熱い舌の感触に限界に迄硬くなって行く其処 「はぁっ、○○...」 「ん、きもちいい?」 上目遣いで此方を見上げ、小首を傾げる君の頭を撫でる 「うん、気持ち良いよ...上手」 「ふふ、よかった」 #夜の文ストプラス

「...ねぇ、」 「うん、一緒だよ」 ベッドの中、私を包み込む様に抱きしめ、おやすみのキス 「一緒にお風邪治そうね」 「うん...」 私の頭を撫でる、優しい掌 「おやすみ、治さん....ゆっくり、休んでね」 「うん、おやすみ」 #夜の文ストプラス

バックで抱かれていたけれど、顔が見たくて首を動かし振り向けばそこにはどろどろに欲と愛情を剥き出しにしている冲也さんの顔が「は、だから見るなって言った、だろ?」と舌舐めずりしながら楔のように中に穿った熱を動かして「っ、ちゅ、やっ!」「そう、その声聞かせろよ」と、 #夜の文ストプラス

「...ありがとう。私も、治さんから離れないよ」 大きな背中に腕を回し、頷く 「ずっと、一緒だよ....愛してる...」 ふたり、重ね合わせた鼓動の中、そっと瞼を閉じた #夜の文ストプラス

「ねぇ、」 寂しいから一緒に居てよ そんな言葉を囁き、私のお部屋でお酒を飲むキミの瞳は、深い孤独を宿していて 「治さん...飲み過ぎだよ」 「だぁいじょうぶ...ほら、○○も」 #夜の文ストプラス

快楽に泣く彼女ちゃんを見て唆られる幹部殿。もっと泣かせたくなって、背後位に変えちゃう。「やだ、ちゅやさ…な、んで…」顔が見えなくて不安がる彼女ちゃんを優しく抱き締める。「駄目か?こうしててやるから、な?」「…ん、」背中に密着する体温に、小さく頷く。#夜の文ストプラス

Twitterいつか(誤字多発テロ)@Chocolat_after

返信 リツイート 昨日 20:53

太宰さんって突然「強姦こっこしよう」とか言い出しそう。「へ?」「いやね。たまには君の泣く顔も見てみたいなぁって。」ぽーんとベッドに倒され、ネクタイで腕を縛られる。驚いていたらシャツを破かれ、下着もずらされてしまう。「や、_っ!」「大丈夫、痛いことはしないから。」#夜の文ストプラス

Twitterいつか(誤字多発テロ)@Chocolat_after

返信 リツイート 昨日 16:37

だざさんと都合のいい女の子の話。 2ヶ月ぶりになってしまいました。すみません……。夜要素ありです。ぬるめですが。 #夜の文ストプラス ①  太 宰幹部の部屋を初めて訪れた私は、案の定というかなんというか、そのあまりの無機質さに少々呆然としてしまった。 twitter.com/blacksheepplus…

滴る血を舐め、笑うキミの瞳は凡てを飲み込む捕食者の目 「○○はずぅっと、私と共に永遠の時を彷徨うのだよ...何があっても、逃がさない....愛しているよ、私の○○」 #夜の文ストプラス

「はぁっ、○○」 情事中、濡れた瞳で私を見つめる吸血鬼 「んっ、おさむ、さん...っ」 「もっと、欲しい」 柔らかなシーツの海に溺れる私の身体を指先でなぞり、首筋に甘く、口付ける 「っ、いいよ...」 「...はぁっ、頂きます」 横髪を搔き揚げ片耳に掛けながら、首筋に歯を立てる #夜の文ストプラス

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#夜の文ストプラスの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(16:22時点)

この検索結果をシェア