お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

私をうつ伏せに寝かせ、貫く 「あぁっ」 背中を這う、生暖かく湿った感触にゾワリ 「ふふ、未だ未だ、感じさせてあげるからね。私の可愛い可愛い子猫ちゃん?」 ねっとりと体内を探る様に腰を動かし、耳元で 「ほら、気持ち良い所、教えて?」 #夜の文ストプラス

「私でしかイけない身体にしてあげる」 裸の私を後ろから抱きしめ、耳元で吐息たっぷりに囁く 「ぁっ、治さん...」 「ねぇ...此処、もうこんなに濡らしているの?」 つっと、蜜が滲む花弁を撫でる指先 「だってぇ...」 散々焦らされ、溶かされた身体はキミの熱を求め、切なげに疼く #夜の文ストプラス

「っ、治さん...これ」 「次は、私とお楽しみをシようね?」 ニヤリ、覗いた牙を光らせ笑う 「一首間振りなんだ...私が満足する迄、付き合ってもらうよ。覚悟しなさい」 #夜の文ストプラス

「善い娘で待っていられたら、御褒美あげる」 そう云い残し、あなたが出掛けて一週間 とっても大事な用事があるって云っていたけれど 「はぁっ、治さん....未だ帰って来ないのかしら?」 熱を持て余した身体が疼いて堪らないの #夜の文ストプラス

可愛い君の、 | 桃花 #文ストプラス #夜の文ストプラス pixivで頂いたリクエストを書いたお話です(*´꒳`*) 耳責めドSな治さん♬ ちょっぴりエッチ? pixiv.net/novel/show.php…

#夜の文ストプラス いつも余裕のその顔を、崩してしまいたかっただけなのに。 pic.twitter.com/bN0Wgf5Yvs

「...なんて、愛おしいのだろう」 未だに治まらない熱を突き立て、愛を囁く 「愛しているよ...私の可愛い可愛い○○...今夜は私が満足する迄、付き合って貰うからね。誘ったのは君なのだから....ね?」 #夜の文ストプラス

対面座位で君を抱き、未だに治まらない熱を突き立てる 「あんっ、ほしい、ほしいよぉ...っ」 夢中で腰を振り、快感を貪る君に、もう... 「はぁっ...善いよ。厭って云う迄、楽しませてあげる....愛しているよ、○○」 #夜の文ストプラス

「はぁっ、○○...愛してるよ」 愛しい君を組み敷き、口移しで媚薬と避妊薬を流し込む 「おさむ、さん...はぁっ、ぁっ」 「ねぇ、今から何をされるか...判るかい?」 「え、や...っ」 潤む瞳の奥に浮かぶ恐怖と期待 あぁ、その顔が堪らない 「○○は本当に可愛いね」 #夜の文ストプラス

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#夜の文ストプラスの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(10:29時点)

この検索結果をシェア