お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

織田信長以前の戦国時代の知識がほぼゼロの私。 考えました。 今ある積読本の中から織田信長以降の作品に集中して読み進めようという作戦。 まずは、#伊東潤 さんの「#茶聖」を読みたいのだが、その前に、先般拝読して私の愛読書となった「#天下人の茶」をまたじっくりと再読しよう!

返信先:@jun_ito_info 商業出版の側面から見ると、よく理解出来ます。 ただ、個人的にはいつか「#天下人の茶」が作品として理解され、評価される時が必ず来ると、根拠なき自信はあります。

返信先:@tak1967 ありがとうございます。『#天下人の茶』はエンタメ文芸で許される限界なので、そこから先に進んでしまうと、本が出せなくなるかもしれないという危機感を抱きました。音楽でも映画でもそうですが、行き過ぎた前衛はビジネスとして成り立たないのです。

返信先:@jun_ito_info これは私の持論ですが、半永遠に「一文化文藝」として残り続ける作品は、どんな読者にも分かりやすい直球作品よりも、「#天下人の茶」のような変化球も織り交ぜた作品の方なような気がしてます。 「伊東潤文藝」というカテゴリーは、作家視点で緩急付けた様々な作品群だからこそ確立されていると思う。

愉しむことが大事ですよね! 伊東さんの「#天下人の茶」が、私の読書人生にインパクトが大き過ぎて、それ以降、読書の仕方が変わったのは確かです。

RT @Chaos_Hisahide: 最近読んだ本についてつぶやきたい! 伊藤潤先生の #茶聖 が面白かった!! #天下人の茶 が利休を取り巻く人達からの視点だったのに対して、こちらは利休視点での構成。秀吉と利休の駆け引きが非常に面白い!巻末の茶道具等一覧も嬉しい! http…

最近読んだ本についてつぶやきたい! 伊藤潤先生の #茶聖 が面白かった!! #天下人の茶 が利休を取り巻く人達からの視点だったのに対して、こちらは利休視点での構成。秀吉と利休の駆け引きが非常に面白い!巻末の茶道具等一覧も嬉しい! pic.twitter.com/LJL0oQ5gjg

#天下人の茶」(伊東潤さん)は本棚に仕舞わずに、カバンに忍ばして、常に読めるようにしよう!

#天下人の茶#伊東潤 さん)読了 歴史小説としては勿論のこと、純文学でもあり、ミステリー小説としても、これ程までに完璧な作品に出会った記憶がない。完璧すぎる! 第二部で伏線回収されるまで、読者自身が色々と推察しながら読書を堪能出来る作品だ。 私の生涯ベスト3に入る作品となった。 pic.twitter.com/zWSVgZcucl

傀儡子に苦しめられ苦悶している、冒頭の秀吉の場面だが、その傀儡子は実は己自身だと確信めいてきた。 #天下人の茶 #伊東潤

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#天下人の茶の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(9:06時点)

この検索結果をシェア