お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

政府が都道府県境をまたぐ移動自粛を要請していた最中、東京・慈本寺元住職の小橋道芳(現・本蓮寺住職)は東京から埼玉のパチンコ屋に行き、何度も遊興に勤しんでいた。飲酒運転だのパチンコだの、叩けば色々出てくる日蓮正宗僧侶である。そのカネの出処はどこなのか。 #日蓮正宗僧侶の実態

今日、日蓮正宗総本山大石寺の僧侶大野雄允(ゆういん)容疑者(61)が道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕されたとのこと。 日蓮正宗の総本山在勤で61歳は、それなりに修行を積んでいる立場のはず。酒気帯びで運転とは、一般常識が欠如している。 #日蓮正宗僧侶の実態

実は小橋道芳(宮崎・本蓮寺住職)のパチンコ遊びは本山にいた頃からの常習。終戦70年の節目となった2015年8月15日、国民の多くが平和を祈念していた最中にも、小橋は法務そっちのけでパチンコ遊びに興じていた。 これら僧侶の「パチンコ代」の出処はどこなのだろう。 #日蓮正宗僧侶の実態

小橋道芳の自粛要請を無視した非常識なパチンコ通いが発覚するや、実入りの少ない弱小寺院の宮崎・本蓮寺に左遷された。小橋は今年5月、学会員に送り付けた手紙で「汚れた命は自分自身をむしばんでいます」「境涯は上がりましたか?」などと偉そうに書いていたという。 #日蓮正宗僧侶の実態

政府が都道府県境をまたぐ移動の自粛を要請した最中、東京・慈本寺元住職の小橋道芳は6/12午前、埼玉のパチンコ屋に行き、6時間以上滞在。6/15にも同店で長時間、遊興に勤しんだ。小橋の「パチンコ代」は、いったいどこから出たカネだろうか。その後、急転直下で左遷された。 #日蓮正宗僧侶の実態

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#日蓮正宗僧侶の実態の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(5:18時点)

この検索結果をシェア