お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

他者の目を意識する #本メモ

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/15(火) 4:54

葛根湯は葛根、麻黄、桂皮など、温める成分が入っているから ぞくっとする「寒」の風邪に効くのか。 逆にのどの炎症とか「熱」持ってる風邪には効かないのか。だから逆効果なのか。 銀翹散は「寒」成分が入ってるから「熱」風邪に効くのか。 ざっくりめも(・∀・) #本メモ #東洋医学 #寒熱理論

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 21:10

東洋医学の「寒」は「熱」の逆 1.体温が低い 2.冷え性 3.活動的ではない(食欲不振) 4.潤い 熱を持ってるなら冷やせばいい 冷たいなら暖めればいい #本メモ #東洋医学 #寒熱理論

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 21:03

東洋医学の「熱」は 1.体温が高い 2.ほてりやのぼせ 3.炎症(熱を持ってる) 4.活発である・活動的である(エネルギーを持ってる) 5.乾燥(熱を持つ⇒乾燥する) #本メモ #東洋医学 #寒熱理論

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 21:01

銀翹散(ぎんぎょうさん) 風邪のひきはじめで、のどが痛み熱っぽいときに飲む 鼻炎・中耳炎の炎症がひどいとき、炎症を鎮めて細菌を殺す。 4時間ごとくらいで飲むのがいい #漢方メモ #本メモ

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 20:26

葛根湯 風邪の引き始めで寒気があるとき体を温め汗を出し、風邪を追い出す。 ゾクゾクしたらできるだけすぐに温かいお湯で飲む。 #漢方メモ #本メモ

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 20:24

東洋医学では、風邪を診る場合病魔を追い出す方法をとる。 汗、尿や便、嘔吐など。 4パターンを覚えると考えやすい 1.表の症状のみ 2.裏の症状のみ 3.半表半裏の時(表⇒裏へ症状が移行しているとき) 4.表と裏の両方の症状 #東洋医学 #六経理論 #本メモ

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 20:15

東洋医学では 病魔が体表面上に居る場合を「表」と表す。 体内に入った場合を「裏」と表現する。 「表」・・・寒気、発汗、発熱、頭痛など内臓が関係しない症状 「裏」・・・胃炎、吐き気、下痢など内臓が関係する症状 #東洋医学 #六経理論 #本メモ

Twitterゆるっとゆうと/(・∀・)の人@cnd_yuto

返信 リツイート 1/14(月) 20:11

「その悩み哲学者がすでに答えを出しています」 タイトル面白いなと思ってprime readingから落とした。パラ読み。 人間の普遍的な悩みについての哲学者の意見紹介本。 アリストテレス、アドラー、ショーペンハウアー、ソクラテスの考え方に特に共感した。 #本メモ

「すべての悩みは量が解決する!英語多読」 KindleのPrime Readingより。パラ読み。 学校で習う英語は英語→日本語→イメージと結びつけるのに対し、多読は英語→イメージで結びつける感じかな。 だからこの本ではまず絵本から始めて読める文を大量に楽しんでやることが大事って言ってる印象。 #本メモ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#本メモの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(18:03時点)

この検索結果をシェア