お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

RT @Gonza_Orc: 人見原古戦場跡こと浅間山の北西には多磨霊園が。 ここには #いだてん に登場する大森兵蔵・安仁子夫妻のお墓があるそう。 今は寄れないけれど。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 #いだてん pic.twitter.com/bbRGwyTWVo

RT @Gonza_Orc: 浅間山山頂にあるのが今の山の名前の由来となった浅間神社。 残念ながら人見原合戦の古戦場碑のようなものはなく、わずかに神社近くの説明札に、この地が足利尊氏と新田義宗・義興兄弟が戦った古戦場であることが記されているのみ。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 h…

武蔵野合戦を大日本史料から眺めると、わざと鎌倉を捨てた足利尊氏が、鎌倉の確保を優先した新田義興と、宗良親王、上杉憲顕との合流を優先した新田義宗を、武蔵野を舞台に各個撃破していったようにも見える。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦

碑の北側が坂になっていて、あの坂を駆け下ってきた軍勢とぶつかったのが此処なのかな?と妄想してみたり。 人見原、金井原というのは山と坂に挟まれた低地みたいだし。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/V3ohC4f1a6

こちらは古戦場が完全に市街地の一角に埋没してしまっているので、碑を残さないと史跡として残せないパターンかしら。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/VDvX3H2wAK

金井原古戦場跡に到着。 こちらには立派な碑と説明が。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/jHxlW6ujaW

人見原古戦場跡こと浅間山の北西には多磨霊園が。 ここには #いだてん に登場する大森兵蔵・安仁子夫妻のお墓があるそう。 今は寄れないけれど。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 #いだてん pic.twitter.com/bbRGwyTWVo

浅間山山頂から金井原古戦場方面を望む。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/HWftChh2Bc

浅間山山頂にあるのが今の山の名前の由来となった浅間神社。 残念ながら人見原合戦の古戦場碑のようなものはなく、わずかに神社近くの説明札に、この地が足利尊氏と新田義宗・義興兄弟が戦った古戦場であることが記されているのみ。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/ll9myD1nNR

浅間山の前山山頂にある人見四郎の墓跡。 人見四郎入道恩阿は今の埼玉県深谷あたりを領地とする鎌倉時代末期の武士で、幕府方として赤坂城の楠木正成と戦い戦死している。 なので南北朝時代の人物とは言い難いし、その墓が領地からも戦没地からも離れた此処にあるのが謎。 #観応の擾乱 #武蔵野合戦 pic.twitter.com/dxnofuTCRI

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#武蔵野合戦の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(1:21時点)

この検索結果をシェア