お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

readyfor.jp/projects/okayar...">readyfor.jp/projects/okayar... 【友人 水口屋旅館 最後の主 4代目望月半十郎】 戦後、水口屋旅館20代目当主となる望月氏は、ぼろぼろになった屋敷を見て、宿帳の昔のお客様...岡屋旅館 #名所再生 #クラウドファンディング #平和外交の桜 #ワシントンの桜生誕の地 【友人 水口屋旅館 最後の主 4代目望月半十郎】 / 江戸から続く宿場・興津宿の最後の一軒、その歴史とともに後世へ - クラウドファンディング ...

【ワシントンD.C.ポトマック湖畔に寄贈された平和外交の桜】 興津宿では、毎年、2月に、『興津宿寒ざくらまつり』を開いています。 どこの桜の名所よりも早い、このお祭りは、ただ、美しい桜を賞でるだけではなく、『平和』や『友好』をタイトルにつけています。 実は、会場に咲く薄寒桜とは、明治末期に、ワシントンD.C.ポトマック湖畔に寄贈された12本の桜の兄弟の桜です。 しかし、興津柑橘試験場にある、親木は、今は枯れてしまいました。 その為、今は、その薄寒桜の親木...

【興津・坐漁荘と最後の元老・西園寺公望氏の平和外交】 水口屋旅館の勝間別荘で避寒の為に滞在する事が多くなり、大正5年(1916年)ついに別荘を建てました。 駿河に移り住む事になる偉人のお決まりで、この時も東海道を辿り京都から職人を呼び寄せ、京風数寄屋造り2階建で外壁には檜の皮が葺かれ小料理屋と間違えてしまうような瀟洒な造りでした。 別荘の名前は『坐漁荘』。中国の故事、太公望呂尚の『茅に坐して漁した』にちなみ、平和な余生を願っての意味を込めて名付けました。 坐漁荘では、一年の...

【水口屋旅館 歴代当主 望月半十郎と元老・西園寺公望】 水口屋物語 by Oliver Statler〜『一碧楼水口屋』と『坐漁荘』〜 【水口屋旅館 歴代当主 望月半十郎と元老・西園寺公望】 明治維新後、東海道には鉄道が開通し旅をする事が容易になりました。 そして、いにしえの時代から景勝地で知られた清見潟は、国の中枢の人物から別荘地として選ばれました。 別荘を建てた人物で一番有名な方は、西園寺公望氏です。 最後の元老で知られた西園寺公望氏は、『坐漁荘』と言う名の別荘に住み...

一新講社〜名旅館 一碧楼水口屋の始まり〜 東海道五十三次の興津宿には、一碧楼水口屋と称される名旅館が30年程前まで存在していました。 武田信玄の家臣が始めた宿屋で、江戸時代は、東海道五十三次の興津宿の脇本陣として旅籠を営んでいました。 明治維新。転機が訪れました。 江戸時代の徳川家を支えた参勤交代が廃止されたなら、大名が泊まる本陣を筆頭に旅籠は急激な勢いでのれんを下ろした。 幸いな事に、興津宿は『東海名區 清見潟』と称される名所の中心に位置していた為、水口屋には他の宿と...

『小笠原長生の掛物』 岡屋旅館に清見潟の別荘時代を示す物として小笠原長生氏の掛物があります。 小笠原長生氏は、明治・大正時代の海軍中将であり、清水港によく訪れていました。 岡屋旅館の隣で営業していた海山堂という駄菓子屋さんには、清見潟の興津宿の風土を気に入り漢学者・中根香亭氏が隠棲していました。 その時に中根氏を訪ねて小笠原氏がお泊まりになりまして、掛け軸をいただきました。 しかし、興津宿火災や、盗難にあった為、こちらが、その現物かどうかわかりませんが、茶掛として...

...に建立した石碑です。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 清水の次郎長と呼ばれる人物は、山本長五郎と言う名の侠客でした。 青年期は任侠の世界で海道一の大親分として恐れられていました。 しかし、転換期が訪れます。 慶応4年に伏谷如水に海道警護役(警察署長)に任命されます。 始めは、自分のような者がお役人になどなれるわけがないと断り続けますが、熱心に頼まれ続けついには、引き受け駿府東海道の治安維持に務めます。 この時...

清水のお茶 『駿河清見のお茶』 静岡と言えば、お茶。 煎茶を思い浮かべる方は多いかと思います。 清らかな水の都、清水。 鎌倉時代には『駿河清見のお茶』は、五大産地に数えらました。"駿河清見"は、興津宿の清見寺付近の事です。 近年の清水港は、お茶の輸出で栄えた町です。 清水のお茶は、山あいで手間ひまかけて育てられ、『山のお茶』が主流です。 富士山の絶景ポイントで育てた『日本平のお茶』。『雲海を望む茶畑』興津川から発生する霧の中で育ち爽やかな香りと旨味で毎年、高値をつける『両...

『薩埵峠』 歌川広重の版画・東海道五十三次の『由比』に描き残された駿河湾と富士山の絶景が未だに楽しめる場所です。 古くは海岸線を波にさらわれないように抜ける東海道の三大難所で、迂回路として山側にできた道が薩埵峠でした。 自然の要塞として知られ、南北朝時代の足利尊氏と足利直義の『薩埵峠の戦い(桜野の戦い)』や清見寺に陣を構えた戦国時代の武田信玄と今川・北条連合軍との『薩埵峠の戦い』の舞台となりました。 昔は、版画で見た通りの崖から海に転落しそうなさで、追い剥ぎがでる場所と...

清見寺、正式には、巨鼇山 清見興国禅寺と申します臨済宗のお寺です。 奈良時代、清見ヶ関に創建と伝わり、1342年に国の十刹に組み込まれ、足利尊氏、今川義元の寄進で栄え、朝鮮通信使遺跡、庭園、境内が国の文化財として指定を受けています。 徳川家康は、今川氏の人質として、大原雪斎住職に手習いを受けていました。 その事から、徳川家康が愛した庭園や、徳川家康の幼少期、竹千代君の時代に植えた梅の木『臥龍梅』があります。 江戸時代には、家康公が途絶えていた平和外交を解消し、東海道の目前に...

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#清見潟の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(1:43時点)

この検索結果をシェア