お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

今度は茶色い紙で刷り比べ。灰色の紙と比べると、まだ多少見えますね。中でもチャイは濃いのでいちばん見えやすいかな?でも文字サイズ10ptでこのくらいなので、名刺などの細かい文字は「読みやすい」とは言えないのでご注意を。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/0vhYv9T4jj

画像・動画を閉じる

画像・動画を常に展開するオンオフ

今度は茶色い紙で刷り比べ。灰色の紙と比べると、まだ多少見えますね。中でもチャイは濃いのでいちばん見えやすいかな?でも文字サイズ10ptでこのくらいなので、名刺などの細かい文字は「読みやすい」とは言えないのでご注意を。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/0vhYv9T4jj

灰色の紙に白インクで刷りたい…ということで、ペラ紙の「にごり紙 銀鼠」、厚紙の「ねずみ」、「しらす」のウラ面(灰色側)で刷り比べてみました!ねずみはイラストすら見えない~!見える具合は、銀鼠>>しらす裏>ねずみというイメージかな?どれも文字は要注意。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/Azhfb70PfN

今日は「厚紙」に刷ってみました。やっぱり明るい用紙は紙色に同化して見えない~😢富士わら紙やガネーシャも繊維が邪魔して見えない~😢茶色の紙もそこまで深い色ではないので、ハッキリ見えるかというと、うーん。黒い紙へはきれいに見えますね!よかった!😂 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/ElGsKc8Kdn

RT @retro_JAM: 32色あるレトロ印刷のインクの中でも、ひときわ気になる色…それは「白」!白インクってなんだろう?どうやって使うと効果的??そんなちょっと気になるインク「白」をご紹介していきます! #レトロ印刷のこと #白インク https://t.co/kgAHt…

Twittermaho@シンタロー欲爆発@syokorayuuri

返信 リツイート 1/15(火) 22:38

今日はペラ紙のなかでも中厚紙に刷ってみました。スクレ、カーネル、富士わら紙はどれも明るい用紙なので馴染んでほとんど見えません。暗めの色が揃った「にごり紙」はわりと見えやすいかも~!ただし真っ白くはならないので、細かい文字などは要注意🐐 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/sgvDWniGC6

えっ白インク全然見えない!と思っても、見る角度を変えると見えることも。でも小さな文字や細い線などはそもそも存在に気付いてもらえない可能性もあるので、重要な情報に使うときは要注意~です。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/tkSsdNJrDQ

紙色の影響はどれくらいだろう?というわけで、いろんな紙に刷ってみました!今日は「ペラ紙」編。明るい用紙はどれも目を凝らしてやっと見えるレベル。派手めの色紙も見えにくい。文字が読めると言えるのはクラフト紙、ポッポ紙、やわ紙なすびくらいでしょうか… #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/cjvjjAlZOa

レトロ印刷は半水性のインクを紙に染み込ませる印刷手法なので、紙の色が透過します。白い紙だとインク色通りの発色ですが、色のついた紙に刷ると紙色に影響を受けた発色になります。白インクは元々明るい色味なので、特に紙の色に影響を受けやすいです。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/xx3pO1O5kL

「白インク」なのでもちろん色は「白」!白い紙に刷ってみると、同色なので同化してしまいます…が、白インクといっても実はちょこっと緑みを帯びているので、全く見えないわけではありません。よく見ると印刷されていることがわかるかな、という見え具合。 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/ujFLfNMU4n

レトロ印刷はフルカラー印刷のようにCMYKを掛け合わせて色を再現をするのではなく、ご用意しているインクそのものの色で刷る印刷手法です。すべて特色インクを使うようなイメージでしょうか。なので黒インクを使うのと同じように、気軽に「白インク」を使えるんです👏 #レトロ印刷のこと #白インク pic.twitter.com/6LPyn6yO9Q

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#白インクの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(15:40時点)

この検索結果をシェア