お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

#国際ボランティアデー】 12月5日は国際ボランティアデーでした。 〇国際協力に関係した活動を行った人の割合(平成28年) 第1位 埼玉県 1.3%  : 第14位 茨城県・千葉県・富山県・長野県・三重県・佐賀県・宮崎県 0.8% 全国平均 0.9% (総務省 社会生活基本調査) #統計 #茨城

Twitterいばらき統計情報ネットワーク@tokei_ibaraki

返信 リツイート2 16:06

#統計 Williams補正版のG検定に関する最近の私の計算は以下のリンク先で閲覧できます。 #Julia言語 nbviewer.jupyter.org/gist/genkuroki… nbviewer.jupyter.org/gist/genkuroki…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信1 リツイート1 19:59

国語の中央値は、7.0らしいけど、生徒5.6の情報から、10+5/2=7.5にならないのはなぜですか? #数学教えて #センター数学 #統計 pic.twitter.com/PKbBWMPF72

Twitterトラトラ(勉強U日常垢)@oQyw3TOIyLFe0F9

返信 リツイート1 22分前

#阪神JF の過去10年のデータをまとめています🏇 . ▼12/06更新▼ ☑︎オカルト的考察を公開👽 <<3つの入り口⁉️>> 🐴明日は予想を掲載🎯 . #阪神ジュベナイルフィリーズ 2019 統計データで読む傾向と予想 wakuwaku-analyst.pinterputtan.com/juvenilefillie#競馬データ #初心者向け #統計 pic.twitter.com/ZLU77VNRcO

Twitterぴんたぷったん@0pntptn0

返信 リツイート 17分前

#統計 分割表の独立性で仮にG検定(対数尤度比検定)を行うならば、個人的な意見では小サンプルでWilliams補正は必須。補正しないと不当なくらい有意差が出易くなる。 Williams補正しても有意差が出易くなり過ぎる場合を補正し切れるとは限らず、補正を入れたせいで検出力がガタ落ちすることもある。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 19:56

#統計 G統計量を mod N⁻² でunbiased にする定数倍qはサンプルを生成する帰無仮説版の分布のパラメーターに依存するので、実際のWilliams補正ではパラメーターを(帰無仮説版のモデルの)最尤推定値で代用します。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 19:16

「標準的・平均的」というのと「良い、正しい、望ましい」というのは違う。 だが往々にして「普通の」とは「理想の」というニュアンスで使われる。 #統計 #普通の結婚生活

MRの説明を鵜呑みにしてませんか?薬剤師であるなら、自分で薬の評価ができなければ、薬物治療の専門家とは言えない‼️ fukuyaku.net/news/news.html #統計 #薬のパンフレット #服薬ケア #本物の薬剤師 pic.twitter.com/oTKdSE25AR

#統計 分割表の独立性に関するWilliams補正版のG検定のライバルは補正無しχ²検定なのですが、私が計算した範囲では補正無しχ²検定の方が勝る。 ググるとSokal and RohlfのBiometry (1995)が参考文献としてよく挙げられているのですが、この本は必ずしも信用できないと、ど素人の私は思いました。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信1 リツイート 19:56

#統計 話題にしているG検定のWilliams補正の原論文は jstor.org/stable/2335081 Improved Likelihood Ratio Tests for Complete Contingency Tables D. A. Williams 1976 サンプルサイズNに関して modulo O(N⁻²)でG統計量/qと対応するχ²分布の期待値が一致するようなqを求める話です。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 14:20

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#統計の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(22:01時点)

この検索結果をシェア