お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

readyfor.jp/projects/okayar...">readyfor.jp/projects/okayar... 【友人 水口屋旅館 最後の主 4代目望月半十郎】 戦後、水口屋旅館20代目当主となる望月氏は、ぼろぼろになった屋敷を見て、宿帳の昔のお客様...岡屋旅館 #名所再生 #クラウドファンディング #平和外交の桜 #ワシントンの桜生誕の地 【友人 水口屋旅館 最後の主 4代目望月半十郎】 / 江戸から続く宿場・興津宿の最後の一軒、その歴史とともに後世へ - クラウドファンディング ...

一新講社〜名旅館 一碧楼水口屋の始まり〜 東海道五十三次の興津宿には、一碧楼水口屋と称される名旅館が30年程前まで存在していました。 武田信玄の家臣が始めた宿屋で、江戸時代は、東海道五十三次の興津宿の脇本陣として旅籠を営んでいました。 明治維新。転機が訪れました。 江戸時代の徳川家を支えた参勤交代が廃止されたなら、大名が泊まる本陣を筆頭に旅籠は急激な勢いでのれんを下ろした。 幸いな事に、興津宿は『東海名區 清見潟』と称される名所の中心に位置していた為、水口屋には他の宿と...

『小笠原長生の掛物』 岡屋旅館に清見潟の別荘時代を示す物として小笠原長生氏の掛物があります。 小笠原長生氏は、明治・大正時代の海軍中将であり、清水港によく訪れていました。 岡屋旅館の隣で営業していた海山堂という駄菓子屋さんには、清見潟の興津宿の風土を気に入り漢学者・中根香亭氏が隠棲していました。 その時に中根氏を訪ねて小笠原氏がお泊まりになりまして、掛け軸をいただきました。 しかし、興津宿火災や、盗難にあった為、こちらが、その現物かどうかわかりませんが、茶掛として...

望嶽亭藤屋と山岡鉄舟 明治元年西郷隆盛と会談する為に静岡に向かう山岡鉄舟は、薩埵峠で官軍に追われて引き返しました。 ここ、由比宿と興津宿の『間の宿(あいのしゅく)』で江戸時代は脇本陣も務めた望嶽亭藤屋の蔵屋敷で漁師に着替えて階段を降り海から小舟で脱出しました。 その後、江尻の清水の侠客・清水次郎長の元で身を隠し、駿府へ行き西郷隆盛と会談し、『無血開城』が成功しました。 望嶽亭藤屋には、山岡鉄舟が置いていったフランス式拳銃が残されています。 〜明治元年三月七日〜 山岡は...

『東海道五十三興津宿歴史物語・夏心さん』 興津には、耀海寺に夏心堂と申しますお堂がございます。 東海道には、その昔、京都の宇治茶を将軍家に献上するお茶壺道中がございました。 そのお茶壷道中警護の幕臣の一人に多羅尾小左衛門と名乗る武士がいました。 小左衛門は、おできに苦悩し、また、そのことで常に同僚から常にいじめを受けていました。 元禄七年五月二十二日、清見時門前にて休憩中に、また例のいじめが始まり度重なる侮辱に耐えきれず、正式に果し合いを申し込み、一撃で相手を倒して...

『薩埵峠』 歌川広重の版画・東海道五十三次の『由比』に描き残された駿河湾と富士山の絶景が未だに楽しめる場所です。 古くは海岸線を波にさらわれないように抜ける東海道の三大難所で、迂回路として山側にできた道が薩埵峠でした。 自然の要塞として知られ、南北朝時代の足利尊氏と足利直義の『薩埵峠の戦い(桜野の戦い)』や清見寺に陣を構えた戦国時代の武田信玄と今川・北条連合軍との『薩埵峠の戦い』の舞台となりました。 昔は、版画で見た通りの崖から海に転落しそうなさで、追い剥ぎがでる場所と...

清見寺、正式には、巨鼇山 清見興国禅寺と申します臨済宗のお寺です。 奈良時代、清見ヶ関に創建と伝わり、1342年に国の十刹に組み込まれ、足利尊氏、今川義元の寄進で栄え、朝鮮通信使遺跡、庭園、境内が国の文化財として指定を受けています。 徳川家康は、今川氏の人質として、大原雪斎住職に手習いを受けていました。 その事から、徳川家康が愛した庭園や、徳川家康の幼少期、竹千代君の時代に植えた梅の木『臥龍梅』があります。 江戸時代には、家康公が途絶えていた平和外交を解消し、東海道の目前に...

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#興津宿の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(1:42時点)

この検索結果をシェア