お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

少し奥まった大蓮寺境内に展示されていたのは、大槻孝之「風息II」。巨大な鉄で作られた、葉っぱだろうか? これぐらいインパクトがある作品は良いね。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/OiqWOAI9YB

画像・動画を閉じる

画像・動画を常に展開するオンオフ

恵比寿屋米穀店 明治中期の町家はリノベされていたが比較的旧状を留めているようだ。 展示は森島花「pass」。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/vPLHdbMUmX

中正屋 (旧田中屋商店) 高澤橋を渡った蕎麦店。砂糖の卸と小売を営んでいた主屋は大正期の二棟造り。 展示は江戸/明治期の蔵。渕上馨「Bricolage」は木芯乾漆の作品。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/YEdhWu9SL7

少し奥まった大蓮寺境内に展示されていたのは、大槻孝之「風息II」。巨大な鉄で作られた、葉っぱだろうか? これぐらいインパクトがある作品は良いね。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/OiqWOAI9YB

小川長倉庫に展示されていたのは、平田達哉「UTOPIAーユートピアー」と小林裕児「谾」。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/Zps7xjtCSU

伊藤家「小川長」 M20年代築の砂糖と塩の仲買商。左側はS6の増築とある。奥には蔵も見える。 実はここの脇の駐車場の奥、小川長倉庫が過去の資料が置かれて関係者が常駐する会場。 第五回 #蔵と現代美術展 2017 pic.twitter.com/3ZCs0BQ1eB

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#蔵と現代美術展の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(7:07時点)

この検索結果をシェア