お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

転職のために「薬剤師向けの転職イベント」に参加しても、ほとんど意味がありません。 企業側は出店するのに費用がかかるため大手しか参加しない傾向があるからです。 つまり、企業数が少ないのであなたのニーズには応えられない可能性が高いです。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 25分前

転職のために「薬剤師向けの転職イベント」に参加しても、ほとんど意味がありません。 企業側は出店するのに費用がかかるため大手しか参加しない傾向があるからです。 つまり、企業数が少ないのであなたのニーズには応えられない可能性が高いです。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 25分前

転職サイトに登録すると、コンサルタントに求人の残業時間を調査してもらえます。 残業が嫌なら「残業なしの職場」とはっきりと伝えてください。 条件を絞ったとしても、転職サイトを使えば複数の求人から選ぶことができます。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 55分前

病院の薬剤部がブラックかどうかは、職場によって全然違います。 大手の調剤薬局のように薬剤師の移動ができないので、転職前のチェックが一番重要です。 そのためには、転職サイトのコンサルタントに見学や職場体験ができるか確認をとってもらうと良いです。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 2:40

転職をする際は、薬剤師1人あたりの処方箋枚数が40枚ギリギリの状態になっていないかチェックしてください。 40枚だと忙しい薬局と判断できます。 30枚ぐらいの薬局であれば、ゆとりのある職場と判断できます。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 1:10

大手調剤薬局の薬剤師が転職する理由に通勤時間があります。 人材の流動が激しいため、片道90分以内の店舗への応援や異動は多いです。 大手調剤薬局への転職を考えている場合は、ここをよく確認してもらってください。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 0:40

求人サイトのコンサルタントに聞いて、求人先の1日の処方箋枚数と薬剤師数を確認してください。 そして1日の処方箋枚数を薬剤師数(常勤換算)で割ります。 40枚に近いほど忙しく、残業の確率は上がります。 #薬剤師転職攻略

法律上、退職の意思表示は退職する2週間前にしておく必要があります。 ただし、一般的な社内規則では1ヶ月前となっています。 一番良いのは、有給を消化したり退職金をもらったりするためにも、転職先が決まったらすぐに伝えることです。 #薬剤師転職攻略

転職先の責任者だけでなく、人事部や総務部にも勤務時間を質問しましょう。 勤怠管理をしているので、残業時間をチェックできます。 責任者だけだと、薬剤師を採用したいために、都合の良い話をしがちです。 信じるべきはデータです。 #薬剤師転職攻略

薬剤師のいろんな転職サイトに「転職の回数は関係ない」といったことが書いてありますが、関係あります。 転職回数が多くても転職はできます。 しかし年収アップは難しく、条件が悪くなります。 転職は一回で成功できるようにしっかりと準備をしてください。 #薬剤師転職攻略

薬剤師は売り手市場です。 数年のブランクがあったとしても全く問題ありません。 もしも今の職場で疲れてしまったら、我慢せずに休みつつ、新しい職種を探すと良いです。 転職サイトのコンサルタントを使えば、要望が叶うような求人を探して交渉までしてくれます。 #薬剤師転職攻略

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#薬剤師転職攻略の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(5:35時点)

この検索結果をシェア