お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

再調達価格はあくまでも、現状規模の建物を再築した際の価格算定となる。行政との個別折衝や用途変更・容積率アップ等の外部要因は、算定の対象外となる。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 40分前

再調達価格はあくまでも、現状規模の建物を再築した際の価格算定となる。行政との個別折衝や用途変更・容積率アップ等の外部要因は、算定の対象外となる。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 40分前

再調達価格の算出に際して、竣工後に耐震補強工事等が行われていれば、その耐震性を保持するためのコストが再調達価格に反映される。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 42分前

再調達価格の算定では、解体撤去費用、設計料、移転引越し費用、仮事務所費、営業補償費などを含めない。 建物状況調査報告書(ER)作成時点での物理的な建物価格を算定する目的から、変動要因の多い諸費用は含まない。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 43分前

収益還元法は、収益性に着目した手法で、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより試算価格を求める手法である。収益還元法を適用して求められた資産価格を収益価格おいう。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 21:13

不動産鑑定評価において対象不動産こ属する用途的地域を「近隣地域」という。近隣地域は、対象不動産の価格と強い相関関係のある不動産の存する地域の範囲おして判定される。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 21:03

不動産デューデリジェンスの一環として、現地調査及びこれに関連する調査としては、境界、越境物、埋蔵物、地質地盤など土地の状況調査をすべきである。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 21:00

テナントについて、入居当初の契約書からその後調査時点に至るまでの契約内容の変更経緯が分かる変更契約書、覚書等を現所有者又は管理者に徴求し、その内容を確認する必要がある。賃貸借契約の更新を繰り返している入居期間の長いテナントについては、特に注意深く調査する必要がある。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 19:48

先進的な大規模物流施設は、開発・運営手法により、ビルド・トゥ・スーツ型とマルチテナント型に区分できる。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 19:27

ホテルの収入に関する指標には平均客室単価(ADR、Average Daily Rate)が使われる。これは、「客室販売収入÷販売客室数」で算出される。売上を実際に販売された客室数で除し、売れなかった客室は含まない。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 19:02

一般的に賃貸住宅は、オフィスや商業施設など他のアセットと比べて、賃料変動が小さいと言う特性がある。また、賃貸住宅市場は税制や融資環境などから影響を受けることがある。 #証券化勉強用

TwitterSTM@不動産証券化マスター勉強中@stoicman20

返信 リツイート 昨日 18:59

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#証券化勉強用の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(0:42時点)

この検索結果をシェア