お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブ 公開資料】 19世紀初頭イギリスの地理学者兼出版業者ピンカートンの日本と韓国を詳細に描いた「日本図」。日本は地域ごとに色分けされ都市名が記されています。地図上部には"Pinkerton's Modern Atlas"と記載があります。 #近大 URL↓ is.gd/VueqDQ pic.twitter.com/m1KDFHS7FV

Twitter近畿大学中央図書館@Kindai_Clib

返信 リツイート 10/16(金) 16:40

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブ 公開資料】 古代アテネの歴史家トゥキュディデスが書いた『歴史(戦史)』は、古代地中海世界をゆるがしたペロポネソス戦争を主題とした歴史書。政治用語「トゥキディデスの罠」の語源となった資料です。 #近大 #インキュナブラ URL↓  ow.ly/F7G550wYXog pic.twitter.com/cJqsCRtZZG

Twitter近畿大学中央図書館@Kindai_Clib

返信 リツイート 10/13(火) 16:40

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブ 公開資料】 1682年から1706年の間にかけてアムステルダムの市長を務めた政治家ニコラス・ウィットセンの「韃靼図 」。 #VOC の管理者にもなった彼は、海事に強い関心を持ち、その研究の一環として地図製作を行いました。 #近大 URL↓ is.gd/W03SAn pic.twitter.com/fsBe3zXvY7

Twitter近畿大学中央図書館@Kindai_Clib

返信 リツイート 10/9(金) 16:40

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブ 公開資料】 パリ出身の地図製作者アンリ・アブラハム・シャトランの「アジア図」は、全体に豊富な注釈が付けられた詳細な地図。1705年から1720年にかけて出版した『歴史地図』全7巻のうち第6巻に収録されたものです。 #近大 URL↓ is.gd/kdZs1x pic.twitter.com/nyaQM3KjEE

Twitter近畿大学中央図書館@Kindai_Clib

返信 リツイート 10/2(金) 16:40

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブ 公開資料】 18世紀初頭のイギリスで最も有名な地図製作者のひとりジョン・セネックスの「アジア図」。アジア大陸を非常に詳細に説明しています。蝦夷(Land of Yedso)は広大な島として描かれています。 #近大 URL↓ is.gd/n9TP6G pic.twitter.com/2UF3JoTr5s

Twitter近畿大学中央図書館@Kindai_Clib

返信 リツイート1 9/25(金) 16:40

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#近畿大学貴重資料デジタルアーカイブの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(5:56時点)

この検索結果をシェア