お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#過去問のツボ A所有の甲土地についての所有権移転登記と権利の主張に関して 甲土地の賃借人であるDが、甲土地上に登記ある建物を有する場合に、Aから甲土地を購入したEは、所有権移転登記を備えていないときであっても、Dに対して、自らが賃貸人であることを主張することができる。

#過去問のツボ A所有の甲土地についての所有権移転登記と権利の主張に関して 甲土地の賃借人であるDが、甲土地上に登記ある建物を有する場合に、Aから甲土地を購入したEは、所有権移転登記を備えていないときであっても、Dに対して、自らが賃貸人であることを主張することができる。

#過去問のツボ A所有の甲土地についての所有権移転登記と権利の主張に関して 甲土地につき、時効により所有権を取得したBは、時効完成前にAから甲土地を購入して所有権移転登記を備えたCに対して、時効による所有権の取得を主張することができない。

#過去問のツボ A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合 Aの死亡により、BがDとともに相続した場合、DがBの行為を追認しない限り、Bの相続分においても、AC間の契約が当然に有効になるわけではない。

#過去問のツボ A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合 Bの死亡によりAが唯一の相続人として相続した場合、AがBの行為の追認を拒絶しても信義則には反せず、AC間の契約が当然に有効になるわけではない。

#過去問のツボ A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合 Aの死亡により、BがAの唯一の相続人として相続した場合、Bは、Aの追認拒絶権を相続するので、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができる。

#過去問のツボ A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合 Bの無権代理行為をAが追認した場合には、AC間の売買契約は有効となる。

#過去問のツボ 次の記述は、民法の条文に規定されている。 意思能力を欠く状態でなされた意思表示が無効である旨

#過去問のツボ 法定代理人は、やむを得ない事由がなくとも、復代理人を選任することができる。

#過去問のツボ 不動産の売買契約に関して、同一人物が売主及び買主の双方の代理人となった場合であっても、売主及び買主の双方があらかじめ承諾をしているときには、当該売買契約の効果は両当事者に有効に帰属する。

#過去問のツボ 法人について即時取得の成否が問題となる場合、当該法人の代表機関が代理人によって取引を行ったのであれば、即時取得の要件である善意・無過失の有無は、当該代理人を基準にして判断される。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#過去問のツボの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(8:43時点)

この検索結果をシェア