お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

平成26年度試験:問題20 『土地収用に伴う土地所有者に対する損失補償について、妥当な記述はどれか。 1  土地収用に伴う損失補償は、「相当な補償」で足るものとされており、…』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q26_20.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 9:30

平成25年度試験:問題30 『詐害行為取消権に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 1 遺産分割協議は、共同相続人の間で相続財産の帰属 …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_30.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 10:30

平成26年度試験:問題20 『土地収用に伴う土地所有者に対する損失補償について、妥当な記述はどれか。 1  土地収用に伴う損失補償は、「相当な補償」で足るものとされており、…』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q26_20.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 9:30

平成25年度試験:問題7 『次の1から5は、法廷内における傍聴人のメモ採取を禁止することが憲法に違反しないかが争われた事件の最高裁判所判決に関する文章である。 判決の趣 …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_07.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 8:30

平成25年度試験:問題24 『住所に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 争いがある場合には、最高裁判所の判例による。 1 日本国民たる年齢満 20歳以上の者で引き …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_24.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 7:30

平成26年度試験:問題46 『記述式:Xは、甲土地をYに対して売却する契約(以下、「本件契約」という。)を締結したが、Xは、本件契約時において、売却した甲土地はAが所有す…』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q26_46.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 6:30

平成26年度試験:問題13 『行政手続法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1  行政手続法の行政指導に関する規定は、地方公共団体の機関がする行政指導については、…』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q26_13.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 5:30

平成26年度試験:問題14 『行政不服審査法に基づく審査請求の裁決と取消訴訟との関係について、妥当な記述はどれか。 1  審査請求の裁決に不服がある審査請求人は、これに対し…』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q26_14.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 4:30

平成25年度試験:問題16 『いわゆる申請型と非申請型(直接型)の義務付け訴訟について、行政事件訴訟法の規定に照らし、妥当な記述はどれか。 1 申請型と非申請型の義務付け …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_16.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 3:30

平成25年度試験:問題19 『国の損害賠償責任についての国家賠償法と民法の適用関係に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 公権力の行使に該当しない公務員の活 …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_19.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 1:30

平成25年度試験:問題45 『Aは、Bに対し、Cの代理人であると偽り、Bとの間でCを売主とする売買契約(以下、「本件契約」という。)を締結した。 ところが、CはAの存在を …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_45.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 0:30

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#過去問題の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(11:40時点)

この検索結果をシェア