お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

防火地域内の建築 ・耐火建築物:階数が3以上 または延べ面積が100㎡を超える物 ・準耐火建築物:上記以外のその他の建築物は耐火もしくは準耐火建築物 ■除外規定 ・延べ面積50㎡以内の平屋付属物で外壁及び軒裏が防火構造の物 ・主要構 #適合判定資格者

防火地域内の建築 ・耐火建築物:階数が3以上 または延べ面積が100㎡を超える物 ・準耐火建築物:上記以外のその他の建築物は耐火もしくは準耐火建築物 ■除外規定 ・延べ面積50㎡以内の平屋付属物で外壁及び軒裏が防火構造の物 ・主要構 #適合判定資格者

法65条:隣地境界線に接する外壁 防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる #適合判定資格者

第8条(維持保全) 建築物の所有者、管理者または占有者は適法な状態に維持するように努めなければならない #適合判定資格者

第一種低層住居専用地域における兼用住宅は、延べ面積の1/2以上を居住の用に供し、かつ兼用部分の床面積の合計が50㎡を超えてはならない。 →延べ面積の1/2以上が居住の用であるが、店舗部分の床面積が50㎡を超えるため不適合 店舗の原動 #適合判定資格者

住宅等の居室にあっては、1時間あたりの換気階数0.5回以上の有効換気量が必要となる。住居等の居室には、常時開放された開口部を通じて相互に通気が確保される廊下なども含まれる 住居部分と店舗部分の間にアンダーカットは設けられておらず、店 #適合判定資格者

非常用の照明装置の適用除外 ・一戸建ての住宅、長屋もしくは共同住宅の住戸 ・病院の病室、下宿の下宿室、寄宿舎の寝室 ・学校など ・批難階または「避難階の直上階もしくは直下階の居室」で批難上支障がないものその他これらに類する物として国 #適合判定資格者

異種用途区画は用途、構造、規模による火災の危険性により、耐火建築物、準耐火建築物としなければならない用途の2種がある。 ・12項(一部が法24条に該当):防火設備 ・13項(一部が法27条に該当):特定防火設備 #適合判定資格者

法68条の10 国土交通大臣は、申請により、エレベーターの部分で昇降路及び機械室以外のものの型式について型式適合認定を行うことができる #適合判定資格者

法65条:隣地境界線に接する外壁 防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる #適合判定資格者

令113条4項:木造等の建築物の防火壁 防火壁に設ける開口部の幅及び高さは、それぞれ 2.5m 以下とし、かつ、これに特定防火設備で前条第14項第一号に規定する構造であるものを設けること #適合判定資格者

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#適合判定資格者の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(8:49時点)

この検索結果をシェア