お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

壁面線を越えて建築できるのは、地盤面下の部分 または特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可した歩廊の柱など #適合判定資格者

壁面線を越えて建築できるのは、地盤面下の部分 または特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可した歩廊の柱など #適合判定資格者

令第2条1項八号 ・建築物の階数の注意:昇降機塔などの屋上部分、地階の機械室などで、建築面積に1/8以下の物は階数に算入しない #適合判定資格者

非常用の照明装置の適用除外 ・一戸建ての住宅、長屋もしくは共同住宅の住戸 ・病院の病室、下宿の下宿室、寄宿舎の寝室 ・学校など ・批難階または「避難階の直上階もしくは直下階の居室」で批難上支障がないものその他これらに類する物として国 #適合判定資格者

法第28条:居室の換気 ・すべての居室には換気に有効な開口部を床面積の1/20設けなければならない(機械換気設備で代替え可能) ・調理室などの火気使用室には、機械換気設備を設けなければならない #適合判定資格者

防火地域内の建築 ・耐火建築物:階数が3以上 または延べ面積が100㎡を超える物 ・準耐火建築物:上記以外のその他の建築物は耐火もしくは準耐火建築物 ■除外規定 ・延べ面積50㎡以内の平屋付属物で外壁及び軒裏が防火構造の物 ・主要構 #適合判定資格者

考査B 廊下 特殊建築物等の廊下の幅は、政令で定める数値以上とする事が規定されている。 居室の床面積の合計が200㎡を超える階における両側に居室がある廊下の幅は1.6m、その他の廊下の幅は1.2m以上としなければならない #適合判定資格者

令第116条の2:窓その他の開口部を有しない居室等 ①面積の合計が当該居室の床面積の1/20以上の窓がない場合 ②開放できる部分(天井または天井から下方80㎝以内の距離に限る)に当該床面積の1/50以上の物がない場合 #適合判定資格者

建ぺい率 敷地が建ぺい率の異なる2以上の地域にわたる場合、建ぺい率の上限は敷地面積比の加重平均による。 敷地が防火地域の内外にわたる場合で建築物が耐火建築であるときは、敷地はすべて防火地域内にあるとみなされ、建ぺい率は1/10加算さ #適合判定資格者

住宅等の居室にあっては、1時間あたりの換気階数0.5回以上の有効換気量が必要となる。住居等の居室には、常時開放された開口部を通じて相互に通気が確保される廊下なども含まれる 住居部分と店舗部分の間にアンダーカットは設けられておらず、店 #適合判定資格者

竪穴区画の緩和 階数≦3、延べ面積≦200㎡の一戸建て住宅、長屋、共同住宅の住戸で、吹抜け、階段、昇降機の昇降路などには必要ない #適合判定資格者

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#適合判定資格者の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(17:43時点)

この検索結果をシェア