お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

279 『イツニ、モドリマスカ?』 #邂光

278 最後に、もう一度だけ…。 頼む、反応してくれ。 頼む、頼む…! もう一度、過去に───── #邂光

277 とてつもない絶望が全身を包み込む。 一筋の光も射さない絶望の雲が空を覆うように、 終わりのない穴の中に落とされたように。 時折混じる呼吸が必死に俺を現実へと連れ戻す。 呼吸をするのも難しい。 太陽の陽射しが気にならない程に、視界は霞んでいる。 あぁ、俺は死ぬのか─── #邂光

276 大粒の涙を流す子供と、それを嘲笑う男。 男は赤く染まった包丁を子供の首筋にあてがった。 やめろ、それだけは─── 言葉にもならなかったその想いは男に届くわけもなかった。 直後、俺の視界いっぱいに血飛沫が待った。 「あ、あ、あ………」 #邂光

275 何回、背中を突き刺されただろうか。 「邪魔だ」 男に蹴られた俺は、力無く地面に転がり天を見上げた。 子供だけは… 守らないと… 今にも遠ざかってしまいそうな意識を必死に掴んで何とか子供の元まで行こうとするが、もう体が動かない。 「やめ、ろ…やめてくれ…」 #邂光

274 直後、背中に鋭い痛みが走る。 「がっ…」 そして 何度も、何度も… #邂光

273 必死に声を絞り出しても、子供は動き出さない。 むしろ、目の前でショッキングな光景を目の当たりにしたせいか、怯えは先程より増していた。 必死に後ろを向くと、男が再び包丁を振り下ろそうとしていた。 俺はすぐに子供を抱き寄せて、覆い被さった。 #邂光

272 「あ……」 腹部に異様なほどの熱さを感じる。 勅語、感じたこともないような、想像を絶する痛みが襲い掛かってくる。 男は俺から包丁を引き抜くと、大きく高笑いをしだした。 俺は崩れ落ちる前に、何とか子供の方を向いてから力なく膝を付く。 「逃げ、ろ…!」 「あ、あ…」 #邂光

271 気が付けば俺は、走り出していた。 ゆっくりと加速する男。 立ち尽くしたままの子供。 「くそっ…!」 間に合え! 間に合え───── #邂光

270 まだ、死ぬわけにはいかない。 昨日、やっとの思いで奈々未を救えたんだ。 気持ちも伝えてないのに、死ねるか、死んでたまるか。 逃げるための言い訳ばかりが次から次に頭に浮かぶ。 …でも。 あの子には未来があって、家族がいる。 なのに、俺は─── #邂光

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#邂光の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(15:08時点)

この検索結果をシェア