お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#電話品質診断#電話応対診断 はオペレーターの能力査定に使用されることがある。昇給などに関しては、勤怠管理だけではなく、顧客対応力を査定する必要があるからです。本当は自社でやった方がいいけど、完璧な診断でなくても、ある程度の診断であればいいかと #マナー会社 に依頼する。

#電話応対診断 #電話品質診断 は客観的な判断基準による診断しかできないから、お客様がどう思ってるかは二の次。声が出ているか、滑舌がいいか、明るい声か、語尾を伸ばしていないか等々。自社内での #品質管理 は必要だと思うがマナー会社の診断なんて何の役にも立たない。なのにOPの査定に影響する

#ミステリーコール と呼ばれる #電話応対診断 って存在価値のないビジネスだと思う。診断内容は客観的に評価できる項目だから滑舌がいいか、正しい日本語を話しているか、語尾を伸ばしていなか等々だ。お客様が好意を持ったかどうかなんて主観的だから採点がないんだと。

電話品質診断といった無用な診断サービス kota-max.officialblog.jp/archives/13756… : #電話品質 #電話応対 #電話品質診断 #ミステリーコール #電話応対診断 コロタブログ まだセミリタイヤしていないの? :

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#電話応対診断の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(8:09時点)

この検索結果をシェア