お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

「千尋さん、好きですよ」『俺はそこまでじゃないけどな』「酷いです、ボクはこんなにも好きなのに」『ふーん』「他の人なんて見ないでください」『なんで?』「ち、ひろさ」『俺は俺のやりたいようにやる(そんな顔するな、もっと泣かせたくなる)』 #黛黒定期

彼はあまり喋らなくなってしまった。「千尋さん、ご飯食べないんですか?もしかして足が痛いんですか?」足枷が擦れて痛いんでしょうか、でもどうして?ボクはあなたの声も好きなのに何で聞かせてくれないんですか?「俺を解放しろ」「それだけは絶対に駄目です」 #黛黒定期

「千尋さん、好きですよ」『俺はそこまでじゃないけどな』「酷いです、ボクはこんなにも好きなのに」『ふーん』「他の人なんて見ないでください」『なんで?』「ち、ひろさ」『俺は俺のやりたいようにやる(そんな顔するな、もっと泣かせたくなる)』 #黛黒定期

赤い華が白い躰に映える。「気持ち良いか?」指で軽く撫でるだけでも大きく揺れる、この躰は今俺だけのものだ。「千尋さん、も、じらさないでぇ…」甘やかして、どろどろに溶かして、俺だけのものにしてしまおう。「好きだ」この言葉はお前を縛る枷となる。 #黛黒定期

『くろちゃんねるにスレ立てた』「あなたは何してるんですか」『なんかお前に踏まれたいって奴が沢山集まって宗教化してる』「はぁ……はあ?」『バニラちゃんに踏まれたいってよ』「何を書いたらそんなことになるんですか!」『俺の可愛い彼女って書いただけ』「っ」 #黛黒定期

「……」『……黒子、もう諦めよう』「嫌です、諦めるのだけは絶対に嫌だ!」『でも現実はそう簡単じゃない、ラノベとは違うんだ』「…黛先輩」『だから帰ろう、な?』「…はい、ボクのバニラプリン……」『俺だって買いたいものあるさ』「自動ドアなんて嫌いです」 #黛黒定期

『すまん…』「家の中が臭いです、…黛先輩が好きなのは分かっていますが、これは…」『お前はいいよな、好物がバニラシェイクで』「くさやはちょっと…困ります」『ちっくしょぉぉぉぉぉ!』「本当にくさやが一番好きってことは理解が出来ません」 #黛黒定期

ボクにとってはあなたは最初から影なんかじゃなくて光だった。淡い淡い、蛍の光。ボクを掻き消さない、包み込んでくれるような光。ねぇ黛先輩、ボクはあなたのなんでしょうか?バスケだけじゃなくて、ボクはあなたの何ですか? #黛黒定期

「ツイプロはまだ書いてません。なので定期で注意をします」『定期の内容はある意味ネタbot的な扱いだな。時系列とか平行世界とかごっちゃ』「もう少し整備したらきちんと統一されるかもしれませんが少々待ってください」 #黛黒定期

「フォロバは手動で返しています。無言フォローは気付くのが遅くなるのですぐのフォロバを望む方は一言お願いします」『別れはブロックで、定期が主で時々手動だな。話しかけてくれれば時間のある時に返す』「よろしくお願いします(ぺこり」 #黛黒定期

俺がお前を始めて見たのは画面の向こう側だった。赤司に見せられた試合の映像で、なんでか胸がどくんと嫌な音をたてた。その時からずっと手に入れると決めていた。でも今になって思う。手に入れたのはどっちだ?俺か?…それとも…… #黛黒定期

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#黛黒定期の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(17:48時点)

この検索結果をシェア