お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#10秒で決める大原の民法 総則13】 未成年者であることを黙秘していた場合でも、未成年者の他の言動と相俟って相手方を誤信させた場合は取り消すことができなくなる。

#10秒で決める大原の民法 総則10】 補助人に同意権が付与された法律行為を被補助人が補助人の同意なく行った場合、取り消すことができるのは被補助人本人のみである。

#10秒で決める大原の民法 総則9】 一定の重要な財産行為について保佐人は同意権を有するが、代理権は原則有していない。

#10秒で決める大原の民法 総則8】 被保佐人が保佐人の同意を得ずに不動産を売却した場合、被保佐人は保佐人の同意がなければ取り消すことができない。

#10秒で決める大原の民法 総則7】 成年被後見人は、日用品の購入や日常生活に関する行為は有効に行うことができる。

#10秒で決める大原の民法 総則6】 成年被後見人は、成年後見人の同意を得て行った法律行為でも、原則取り消すことができる。

#10秒で決める大原の民法 総則4】 未成年者が法定代理人の同意を得ないで行った行為は、すべて取り消すことができる。

#10秒で決める大原の民法 総則3】 意思能力がない者の法律行為は取り消すことができる。

#10秒で決める大原の民法 総則2】 判例は、胎児の母親は胎児を代理し、不法行為による損賠請求権を行使できるとしている。

#10秒で決める大原の民法 総則1】 胎児は、不法行為による損害賠償請求権、遺贈を受ける権利についてのみ、民法上、生まれたものとみなされる。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#10秒で決める大原の民法の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(3:59時点)

この検索結果をシェア