お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#140字小説 「立ち別れ、いなばの山の……」 「ああ、おまじないだね。迷い猫とか帰ってくるやつ」 玄関の向こう女子高生達が話している。僕は息を詰めてじっと聞く。 「……きっと寂しいだろうね」 歌を詠んだ方、この声。僕には分かった。彼女が帰ってきたって。 今度こそ絶対離したりしないから。

Twitter狼子 由@小説家になろう@yoshi_roushi

返信 リツイート5 8:48

皆離れてゆくのね。 『離さない』って云ったじゃない。 さよなさって云わないでね、なんて云わないけどさ。 『話せないから…』じゃないわよバーカ!私は大好きだったんだよ! 話したかったんだよ! (話し)(離し)難かったんだよ。 素直に成れなくてごめんね。 さよなさ。 #140字小説

Twitterスタッフとプロデューサー@9dCMjuryyBP066c

返信 リツイート 14分前

湯気がたっていた。 まだ暖かい食べ物はついさっき作った物だろう。 暗い部屋の中心に置いてあるソファには君が眠っている。 ずっと待っていてくれていたんだろうなぁ。 作ったばかりの料理、寝たふりを続けている君。帰る場所がある有り難さ、愛しさ。 『食べなきゃ』 僕は部屋に入った。#140字小説

Twitterスタッフとプロデューサー@9dCMjuryyBP066c

返信 リツイート 19分前

かくいう私もこれは大好きです。 美味しい金目鯛の煮付けとか食べたい。 #140字小説 #twnovel #アトリエ部

熱々のココアにバーボンを注ぎ、一気に胃へ流し込む。すぐに体の中から温度が上がる。窓の外は雪。横では息子がココアにマシュマロを浮かべる。体だけではなく心も温かくなる時間がゆっくりと流れる。#140字小説 #マシュマロを投げ合おう #ロ157404 marshmallow-qa.com/ooe_doutoku?ut… pic.twitter.com/SJ2x56mypA

『奈良クラブ、勝つと良いな』そう言って君は楽しそうに笑う。ぼくもそう思う。だって奈良クラブが勝てば君が喜ぶんだもん。君の喜ぶ顔を見たいから、ぜひ奈良クラブには勝って欲しい。だからぼくも奈良クラブを応援する、君の最上の笑顔を見たいから。奈良クラブ勝利を目指してがんばれ。 #140字小説

#140字小説 「立ち別れ、いなばの山の……」 「ああ、おまじないだね。迷い猫とか帰ってくるやつ」 玄関の向こう女子高生達が話している。僕は息を詰めてじっと聞く。 「……きっと寂しいだろうね」 歌を詠んだ方、この声。僕には分かった。彼女が帰ってきたって。 今度こそ絶対離したりしないから。

Twitter狼子 由@小説家になろう@yoshi_roushi

返信 リツイート5 8:48

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#140字小説の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(11:40時点)

この検索結果をシェア